【全文】キーイースト、キム・スヒョンが専属契約終了し独立する表明「変わらぬ愛を」

Wow!Korea / 2019年12月31日 18時40分

【全文】キーイースト、キム・スヒョンが専属契約終了し独立する表明「変わらぬ愛を」(提供:OSEN)

俳優のキム・スヒョンが「キーイースト」との専属契約を終え独立する。2010年から10年以上携わっていた芸能事務所を去ることになった。個人事務所なのか、それとも別の俳優たちを迎え入れることになるのか正確に知られた事実はない。

キム・スヒョンが所属していた「キーイースト」側は31日午後、報道資料を通じて「2010年から10年以上ともに過ごしてきたキム・スヒョンの専属契約が本日をもって終了した」と明らかにした。

シチュエーションドラマ「キムチ・チーズ・スマイル」(2007)でデビューしたキム・スヒョンはドラマ「ドリームハイ」(2011)や「太陽を抱く月」(2012)を通じて名前を知られ始めた。チョン・ジヒョンと共演したドラマ「星から来たあなた」(2013)が韓国はもちろんアジア全域でも高い人気を得て彼は韓流スターに浮上した。

その後出演したドラマ「プロデューサー」(2015)で自分の長所を浮き彫りにしたテレビ局の駆け出し新人プロデューサー役を演じ、再びお茶の間を熱くさせた。彼に対する大衆の関心のおかげで、映画スターへの仲間入りも比較的早かった。

チェ・ドンフン監督の「10人の泥棒たち」(2012)が韓国で累計1000万人の観客を動員するのに力を入れた彼は「シークレット・ミッション」(監督:チャン・チョルス、2013)でさまざまなキャラクターを自在に行ったり来たりしながら幅広い演技スペクトラムを見せた。

20代最後の作品だった映画「リアル」(監督:イ・サラン、2017)を最後に軍入隊した彼は今年7月に満期除隊した。今年下半期に作人活動をしなかった彼は来年ドラマを通じてお茶の間い復帰する見通しだ。

20代の頃から同世代の役者たちに比べて演技が上手いうえ、そのどんな役柄を演じても自分だけのカラーを反映して作品を導いてきたキム・スヒョン、過去のインタビューで「心を楽にする代わりに吸収して満たしていくのか目標だ」と明かした彼が除隊後初の作品を披露することになる2020年、そして30代にも地道にヒット作を輩出することができるのか注目が集まっている。

以下、「キーイースト」の公式表明全文

こんにちは。キーイーストです。

2010年から10年間キーイーストとともに歩んできたキム・スヒョンさんのマネージメント専属契約が、本日をもって終了することをお知らせ申し上げます。

新人時代から現在までキーイーストとともに成長してきたキム・スヒョンさんに感謝の気持ちをお伝えします。

マネージメントの専属契約は終了しますがキーイーストは、ドラマや映画などで素敵な演技を見せるキム・スヒョンさんを変わらぬ気持ちで応援いたします。

今後もキム・スヒョンさんに変わらぬ愛をお願いいたします。ありがとうございます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング