D-LITE(BIGBANG)、「売春業者幇助したという証拠なし」無嫌疑の結論

Wow!Korea / 2020年1月2日 23時10分

D-LITE(BIGBANG)、「売春業者幇助したという証拠なし」無嫌疑の結論(提供:News1)

韓国警察が、グループ「BIGBANG」のメンバーD-LITE(31・本名カン・テソン)が所有する建物で、不法に風俗店を運営した事業主と従業員など56人を3日、検察に送致する予定だと2日明らかにした。警察は、建物の所有者であるD-LITEには嫌疑無しという結論を下した。

ソウル江南警察署によると、警察は3日D-LITE所有の建物で風俗店を運営した5つの店の事業主と従業員56人を、食品衛生法違反と売春処罰法違反の疑いで立件し在宅起訴で3日、検察に送致する予定である。

ただし、警察関係者は「昨年12月の召喚調査や押収捜索などを通じて確保した資料と関係者の陳述を総合的に検討した結果、立件すべき証拠を発見できなかった」とD-LITEは立件しなかったと述べた。

警察は昨年4月、D-LITEが所有するソウル市江南区ビルの地下1階、6~8階を取り締まり、食品衛生法上の施設基準違反、無許可遊興施設などの疑いを確認した。以後江南警察署は、専門チームを構成してD-LITE所有建物の入居企業を対象に調査に乗り出した。

昨年8月には、その建物の6階の5つの店の家宅捜索を実施し、容疑の関連帳簿などを確保した。

警察は、軍服務中であったD-LITEが昨年11月10日に除隊して以降、12月に召喚調査をしたが、容疑を立証するだけの証拠を確保できず無嫌疑という結論を下したと伝えられた。

警察関係者は、「この店の不法営業行為について江南区と税務署にそれぞれ行政措置依頼を通知する計画」とし「今後も違法営業の取り締まりのために区役所などの関連機関と協力して、継続的な取締りを引き続き行う」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング