「Burning Sun」事件V.I(元BIGBANG)、検察が逮捕状を請求=13日に令状審査

Wow!Korea / 2020年1月10日 9時55分

「Burning Sun」事件V.I(元BIGBANG)、検察が逮捕状を請求=13日に令状審査(提供:news1)

韓国検察が「Burning Sun」事件を警察から引き継いだ歌手V.I(元BIGBANG、本名:イ・スンヒョン、29)に対して拘束令状(逮捕状)を請求した。

10日、検察によるとソウル中央地検は去る8日、V.Iを相手に性暴力処罰違反など7つの容疑で逮捕状を請求した。

検察が請求した逮捕状にはV.Iが2013年12月から約3年半、米国ラスベガスで常習的に賭博をした容疑(常習賭博)と外国為替管理法違反も含まれたことがわかった。

警察はV.Iが無登録の為替取引で“ファンチギ(為替差益)”で賭博資金を準備したという疑惑に対して不起訴と結論付けていた。検察は警察から事件を引き継いで調べていたところ、V.Iの別の外国為替取引法違反の状況を確認したことがわかった。

また2015年9月~2016年1月、海外投資社に性売買を斡旋した容疑(性売買斡旋)、ユ・インソク元ユリホールディングス代表と共にラウンジバー「モンキーミュージアム」の運営当時、営業所を遊興施設ではなく一般飲食店として区役所に申告した容疑(食品衛生法違反)、ユリホールディングスの資金を職員の弁護士費用として使用した容疑(特定経済犯罪加重処罰法上の横領、業務上横領)、カカオトークで女性のわいせつ写真を送信した容疑(性暴力処罰法違反)などもある。

先立ってソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は昨年5月、V.Iと同業者ユ元代表に対して特定経済犯罪加重処罰法上の横領、業務上横領、性売買処罰法違反、食品衛生法違反などの容疑で、逮捕状を申請したが裁判所で棄却されていた。

警察は昨年5月、V.Iとユ元代表、“警察総長”ことユ某総警を起訴相当の意見を付けて送致したのに続き、同年10月、ヤン・ヒョンソク元YGエンターテインメント代表(50)とV.Iの違法賭博容疑も検察にうつした。

V.Iの令状審査は来る13日午前10時30分、ソウル中央地裁ソン・ギョンホ令状専担部長判事の審理で開かれる。拘束可否については早ければ13日夜遅く、決定するものとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング