「防弾少年団」、活動終了後も「MUSIC BANK」で1位に輝き10冠王に

Wow!Korea / 2020年3月13日 20時20分

「防弾少年団」、活動終了後も「MUSIC BANK」で1位に輝き10冠王に(提供:OSEN)

韓国男性グループ「防弾少年団」が「MUSIC BANK」で1位に輝き、10冠王を達成した。

13日に放送されたKBS2TV「MUSIC BANK」では「防弾少年団」の「ON」と「NCT127」の「英雄; Kick It」が3月第2週の1位候補に挙がったが、カムバック活動を終えた「防弾少年団」がトロフィーを手にした。

「NCT127」は1位候補になった感想として「本当にファンの方たちにありがとうと伝えたい。カムバックしてすぐこんな気分を味わわせてくれてありがとう。この瞬間だけでも胸がいっぱいになる」と明かした。1位の公約として「水パフォーマンス」を繰り広げることを約束していた。

「VICTON」、「ITZY」、「DONGKIZ」がカムバックした。「VICTON」は収録曲「Night mare」とタイトル曲「Howling」でステージを飾った。「Howling」は恋しい人に向かう感情を込めた歌詞に、ヒップホップを基調としたビート、悲しい泣き声を連想とさせるサウンドが調和しているダンス曲だ。

「VICTON」はステージの前に行われた控え室インタビューで「オオカミになって帰ってきた。ステージに僕たちの魅力を詰め込んだので期待してほしい。ステージをかき乱す視線とセクシーさ、パフォーマンスが見どころだ」と語った。

ハン・スンウの合流で完全体になって帰ってきた「VICTON」は彼らならではの切なさを表現し、注目を集めた。特により一層アップグレードしたカリスマが際立つパフォーマンスで、盛りだくさんのステージを完成させた。

「ITZY」は弾けるようなティーンクラッシュコンセプトで爪あとを残した。彼女たちの新曲「WANNABE」はEDM、ハウス、HIPHOP等、様々なジャンルの特徴を生かしたフュージョングルーブトラックに、エレキギターのサウンドを載せた曲だ。“他人の基準は気にせず、自分だけのカラーを見せてあげる”というメッセージを込めた歌詞が印象的だ。

それぞれ違うポイントが目を引く衣装を着て登場した「ITZY」は、激しいながらも乱れないダンスで自由奔放な魅力とパワフルなエネルギーを発散した。

「Dr.BeBe」の活動を終えた「PENTAGON」は後続曲の「Shower Of Rain」で「MUSIC BANK」に再び訪れた。「Shower Of Rain」は愛のつらさで流れる涙を隠すために雨にあたりながらなく男のストーリーを歌った曲だ。「Dr.BeBe」でセクシーさを見せていた「PENTAGON」は「Shower Of Rain」で180度異なった魅力をアピールした。

1位候補に選ばれた「NCT127」は「MUSIC BANK」での最後のステージを飾った。「NCT127」は「序曲」と「英雄; Kick It」で見せた独自のコンセプト「ネオ・オリエンタル」を披露した。

タイトル曲「英雄; Kick It」は中毒性の強いシグニチャー・ヴォコーダー・サウンドとダイナミックなベース・グライディング・ソース、エネルギー溢れるボーカルが特徴の曲だ。強いテンポとサウンドと「NCT127」だけのパワフルな魅力が特徴だ。

この日の放送には「3YE」、「About U」、「DONGKIZ」、「MCND」、「DKB」、ステラ・チャン、「SPECTRUM」、アン・イェウン、「ELRIS」、イェジ、「今月の少女」、イ・イェジュン、イ・ウ、「CRAXY」も出演した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング