「PRODUCE 48」出身コ・ユジン、芸能界引退をSNSで宣言

Wow!Korea / 2020年6月4日 16時55分

「PRODUCE 48」出身コ・ユジン、芸能界引退をSNSで宣言(提供:OSEN)

Mnetサバイバル番組「PRODUCE 48」に出演していた練習生コ・ユジンが芸能界引退を宣言し話題となっている。

3日、コ・ユジンは自身のSNSに「わたしは会社を辞めた状態だ。デビューしたかったが、思うようにうまくいかなかった」と長文を掲載した。

現在の状況について知らせたコ・ユジンは続けて「練習生生活を長くしていたし、一生懸命頑張ってきたが、この生活がわたしを蝕むような気がしてからは1日1日がとても大変だった」と胸を痛めていたことを打ち明け、「だから長年の夢をあきらめることにした。デビューを待っていてくださったファンの皆さんにはとても申し訳ないが、これからは一般人として生きていく」と伝え、ファンを驚かせた。

また「応援して愛してくださったファンの皆さんに感謝を表現しようとYouTubeやInstagramのアカウントを開設しライブ放送をして、アフリカTVに出て疎通しようと努力した」とし「アイドル練習生ではなく、一般人のわたしを愛してくださる方々と疎通し、良いコンテンツやわたしがうまくできることをお見せし、今までもらった愛に応えながら生きていく」と伝えた。

一方、コ・ユジンは2018年に放送された「PRODUCE 48」に出演し、華やかなルックスとダンスの実力などで人気を集めた。その後、コ・ユジンは、これまで所属していた所属事務所のBlock Berry Creativeから8D CREATIVEに移籍。最近はアフリカTVの番組に出演していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング