ユ・アイン、「私は一人で暮らす」で自宅公開…センスあるギャラリーのようなスケールにため息連発

Wow!Korea / 2020年6月20日 11時25分

ユ・アイン、「私は一人で暮らす」で自宅公開…センスあるギャラリーのようなスケールにため息連発(提供:news1)

ユ・アイン、「私は一人で暮らす」で初めて自宅公開…ギャラリーのような3階建てにため息連発

俳優のユ・アインのギャラリーのような自宅が感嘆を誘った。

今月19日午後に韓国で放送されたMBC観察バラエティ番組「私は一人で暮らす」では、ユ・アインが番組で初めて自宅と日常を公開し注目を集めた。

15年目となる一人暮らしを送るユ・アインは「成人になってからはずっと一人で暮らしだったが、1年に1度引っ越しをしている。10回ほど引っ越しをして5年前にこの家に来た」と明かした。そして「人生の原動力が家を少しずつ育てることだった」と打ち明けた。

3階建ての自宅“アインハウス”は虹の会員(番組出演者)たちの羨望を買った。広々としたリビングにモダンなキッチン、ガラス張りのワインルーム、ミニ菜園もあった。変わった構造が次々と目を引いた。尋常でない工芸品から独特な彫刻像、さまざまなジャンルの絵画までいっぱいだった。虹の会員たちは「ギャラリーのようだ」と驚いていた。

ユ・アインはインテリアのコンセプトに対して「すべてが混ぜ合わされている。瞬間瞬間の好みが反映されている」と説明した。

2階にはメイン作業室があり、3階にはドレスルームがあった。スケールが違うドレスルームが再び驚きを与えた。真っ白な寝室まで耳目を集めた。映像を見守っていたユ・アインは「ところで私は出てこないで、家だけが出ているのか?」と述べ、笑いを誘った。

番組レギュラーのパク・ナレは「賞をたくさん受賞されているが、トロフィーなどを並べる所はないのか」と尋ねた。ユ・アインは「トロフィーなどを置いて見ながら記憶を思い出すのが心地がよくない。ぎこち悪い。ある瞬間からは家で気楽に過ごしたい」と打ち明けた。

この他にもホテルのスイートルームのようなユ・アインのトイレや、猫専用のトイレまで公開され注目を集めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング