【公式】「SPECTRUM」、デビュー2年で解散「新型コロナにより会社の状況悪化」

Wow!Korea / 2020年7月12日 10時40分

デビュー2年で解散することになった「SPECTRUM」。(提供:OSEN)

「SPECTRUM」がデビュー2年で解散する。

所属事務所WYNNエンターテインメント側は10日、公式ファンカフェを通じて、「SPECTRUM」の解散を伝えた。

同事務所側は「新型コロナウイルスなどの理由により、会社の状況が悪化し、これ以上『SPECTRUM』を維持することができなくなった。これにより、WYNNエンターテインメント所属グループ『SPECTRUM』のメンバー6人全員、2020年7月10日付で、契約が解約されたことをお知らせする」と明かした。

続けて「この3年間、当社と共に歩んでくれた『SPECTRUM』のメンバーたちには感謝の気持ちを伝え、今後の『SPECTRUM』の活動に惜しみない支持と応援を送る」と伝えた。

「SPECTRUM」は2018年5月、1stシングル「Be Born」でデビューした。

以下、WYNNエンターテインメントの全文

こんにちは。WYNNエンターテインメントです。

まず、良くないニュースをお知らせすることになり、本当に申し訳ございません。

新型コロナウイルスなどの理由により、会社の状況が悪化し、これ以上「SPECTRUM」を維持することができなくなりました。これにより、WYNNエンターテインメント所属グループ「SPECTRUM」のメンバー6人全員、2020年7月10日付で、契約が解約されたことをお知らせします。

この3年間、当社と共に歩んでくれた「SPECTRUM」のメンバーたちには感謝の気持ちを伝え、今後の「SPECTRUM」の活動に惜しみない支持と応援を送ります。

これまで「SPECTRUM」を心から大切にし、愛してくださったファンの方々に心よりお詫び申し上げます。ありがとうございます。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング