「APink」オ・ハヨン、女性アイドルサッカーチーム結成を再釈明…「男性と接触はない、サッカーが好きなだけ」

Wow!Korea / 2020年7月20日 9時20分

ガールズグループのメンバーたちがサッカーチームを結成したが、不慮の誤解に包まれた。(提供:OSEN)

ガールズグループのメンバーたちがサッカーチームを結成したが、不慮の誤解に包まれた。結局、「APink」のオ・ハヨンがライブ放送を通じてファンに解明に乗り出した。

オ・ハヨンは19日、自身のインスタグラムのライブを通じて「趣味を持ってみなければならないと考えた。デビュー後初の趣味でもあった」とし「みんなサッカーをしたいと作られたチームだが、そのように照らされる可能性があることを初めて考えてみた。サッカーをすると浮かれていた。いや、興奮しているというよりは、私がやってみて、話すことができそうだとYouTubeでも言わなかったか。実際やってみると違った。爪が割れて、すねが傷つくまで本当に熱心にした。でも、それは異なって見えるかもしれないと思い少し驚いた」と打ち明けた。

引き続き彼女は「ファンたちが心配しているのが最も残念だった。私を知らない人がそう言えば傷ついて『そうなんだ』と超えることができるが、ファンが『あなたそれではだめ』、『それは違うだろう』と言って驚いた。激しい言葉もあったし、様々な反応があったが私を好きでいてくれるファンにそう映るかもしれないと注意するべきだと思った」と付け加えた。

先に彼女は、「TWICE」ミナ、ジヒョ、「gugudan」セジョン、ナヨン、「EXID」ジョンファ、「BESTie」ユジ、「Wa$$up」ソン・ダイン、キム・セロンなどと一緒に女性サッカーチームFCルーマーを作った。しかし、いくつかの荒らしが男性芸能人たちと繋げてチーム創立したと意味を希釈し、コロナの時期に軽率な選択という指摘も出ている。

これにオ・ハヨンは、すぐに「初めて聞く話も多く、私はファンの方々の心配がなければ、するものだから、どの部分が心配なのか、あるいはどのように気になるのか話したかった!私たち以外に他の方々との出会いもなく、運動と競技が好きで集まっただけです」とTwitterに解明文を書いた。

続いて彼女は 「男子チームとは無関係なチームであり、一緒にサッカーをしてみようとしたこともありません。時期が時期なので注意して、最近集まったチームです」とし、「良い目的と趣旨に努力しています、誤解は控えるようお願いします!個人的にいろいろな文をたくさん送ってくれて読んでみたが、女性以外の方々との接触は全くないし、ひたすらサッカーが好きで集まったメンバーたちです」と釈明した。

それでも議論が沈まなかったため、直接ファンとライブで疎通し、再び説得に乗り出したと見られる。オ・ハヨンは「わざわざそぶりを見せないようにした。ある程度、認められ、意見が合うまで露出しないようにした。真剣に集まったから、軽く見られたくなかった。ファンは好んでくれると思ったが、そうではないかもしれない考えに浸った。好きなことを一緒にしたかったのに、誤解が生じ、直接ファンに話したかった」と残念がった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング