無免許・飲酒運転で実刑の俳優ソン・スンウォン、SNSで近況明かす

Wow!Korea / 2020年7月22日 15時58分

無免許・飲酒運転で実刑の俳優ソン・スンウォン、SNSで近況明かす(画像:OSEN)

無免許・飲酒運転、さらに逃走した容疑で実刑判決を受けた韓国俳優ソン・スンウォンが、判決後はじめて近況を明かした。

ソン・スンウォンは22日、SNSに「laonhaze」とコメントし写真を投稿した。

公開された写真はカフェとみられる場所で、カメラに視線を向けるソン・スンウォンが収められている。短い髪の毛を隠すかのようにキャップを被り、新型コロナウイルス感染予防のマスクを着用している。

これを前に、ソン・スンウォンは昨年12月26日午前4時20分頃、ソウル市カンナムグ(江南区)アックジョンドン(狎鴎亭洞)で、泥酔状態のまま父親の車を運転し、追突事故を起こした上に逃走した容疑で逮捕・起訴された。事故当時、ソン・スンウォンの血中アルコール濃度は0.206%で、免許取り消しレベルだった。当時ソン・スンウォンは、昨年8月3日に別の飲酒事故により11月18日付で既に免許が取り消された状態だった。ソン・スンウォンは事故直後、「運転者は同乗していた俳優チョン・フィだった」と嘘の供述をした上に飲酒測定を拒否していた。

ソン・スンウォンは、道路交通法上飲酒運転及び無免許運転、特定犯罪加重処罰法上逃走致傷及び危険運転致傷罪、事故後の未措置などの容疑で起訴され、拘留状態のまま裁判に入った。検察はソン・スンウォンに懲役4年を求刑し、裁判所はソン・スンウォンに懲役1年6か月の実刑を言い渡した。ソン・スンウォンはその後、裁判所の判決を不服として控訴した。

控訴審で弁護人は「1審の実刑判決からずっと拘留状態で反省している。懲役1年6か月であれば兵役は免除されるが、国防の義務を果たすために控訴した」と述べ、パニック障害を患っている点も考慮してほしいと求めたが、結果的に懲役1年6か月の実刑を言い渡された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング