「OH MY GIRL」アリン、「ミュージックバンク」MC初登板を終え「夢のようで幸せだ」と感想を明かす

Wow!Korea / 2020年7月25日 11時37分

「OH MY GIRL」アリン、「ミュージックバンク」MC初登板を終え「夢のようで幸せだ」と感想を明かす(提供:OSEN)

“コンセプトの妖精”「OH MY GIRL」のアリンが音楽番組の初MCを務めた感想を伝えた。

今月24日、KBS 2TVの音楽番組「ミュージックバンク」でアリンは新しいレギュラーMCに抜擢され、ボーイズグループ「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」のメンバー、スビンと初タッグを組んだ。

アリンは所属事務所のWMエンターテイメントを通じて「私が幼い頃に音楽番組で先輩たちのステージを見ながら歌手という夢が生まれ、その夢を育てて来ましたが、こうして本当に私が好きだった『ミュージックバンク』のMCができるようになり、とても夢のような幸せです」と「ミュージックバンク」のMCに抜擢された感謝の感想を伝えた。

そして「このようによいチャンスを与えていただき、とても感謝申し上げ、これからもさらに懸命に努力し、もっとよい姿をたくさんお見せします。これからも期待していただき、よろしくお願いいたします」としっかりとした抱負を明かした。

同日の放送でアリンは「TXT」のメンバーのスビンとHumming Urban Stereoの「Hawaiian Couple」をスペシャルステージとして飾った。アリンはすがすがしく愛らしいビジュアルと弾けるようなさわやかで視線を虜にした。アリンの清らかなボーカルとともにキュートなパフォーマンスが際立ち、今後の活躍に期待を高めた。

「OH MY GIRL」の末っ子アリンはウェブドラマ「少女の世界」の主人公に抜擢され、初主演作であるにもかかわらず、安定的な演技の実力を披露し、“次世代演技ドル(演技ができるアイドル)”に浮上した。アリンは韓国企業評判研究所で集計された「ガールズグループ個人ブランド評価指数」で5月と6月にブランド評判1位を獲得する活躍を見せ、“今が旬の人気of今が旬の人気”として成長しているアリンに対する大衆の熱い関心を立証させた。

一方、アリンが新しく親交を務めるKBS「ミュージックバンク」は、毎週金曜日午後5時から韓国では放送されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング