【全文】パク・ユチョン(元JYJ)、日本でのオンラインファンミーティング終了…収益金は日本での洪水被災者に寄付へ

Wow!Korea / 2020年7月28日 18時27分

【全文】パク・ユチョン(元JYJ)、日本でのオンラインファンミーティング終了…収益金は日本での洪水被災者に寄付へ(提供:news1)

ボーイズグループ「JYJ」出身の歌手兼俳優のパク・ユチョンが日本でのオンラインファンミーティングを終え、感想を明らかにした。

パク・ユチョンは28日、自身のインスタグラムに「多くの方々の声援に支えられ『2020 PARK YU CHUN CHARITY DONATION ONTACT FANMEETING』を無事に終えました」という文を掲載した。

一方、パク・ユチョンは昨年4月にヒロポン投薬の疑いで拘束起訴され、その年の7月に1審で懲役10か月に執行猶予2年を言い渡され釈放された。パク・ユチョンは麻薬投薬などで物議を醸すと、芸能界引退の意思を明らかにもした。しかし今年1月にタイでファンミーティングを行ったほか、3月には公式インスタグラムのアカウントを開設し、芸能界復帰の歩みを続けてきた。その後にもパク・ユチョンは9万ウォン台に上る高価な写真集の発売、および会費6万6000ウォンに上る公式ファンサイトもオープンするニュースを伝え、再び議論の中心に立った。

パク・ユチョンは今年5月にはChannelAのバラエティ番組「風の噂で聞いたでショー」を通じて、「大衆に必ず一度申し訳ないとお詫びしたかった」とし、「私を応援するという理由でともに非難を受けるファンたちのためにも、本当に私の人生をもう一度懸命に生きてみて、未来を諦めず誠実に生きていけば、大衆に認められる機会がいつかは来るのではないか」と明かした。

その後、パク・ユチョン側は今月27日にファンミーティングを控え、「ファンミーティングで発生する収益金全額は日本赤十字社を通じて寄付される予定」だと明かしもした。

以下、パク・ユチョンの投稿文全文

こんにちは。パク・ユチョンです。

多くの方々の声援に支えられ「2020 PARK YU CHUN CHARITY DONATION ONTACT FANMEETING」を無事に終えました。

有意義な意味で始めただけに多くの方々が一緒に参加していただき、心から感謝申し上げます。

洪水により苦労されている被災者の方々に少しでも慰めになることを願い、これからもよい姿をお見せするパク・ユチョンとなれるようにいたします。

ありがとうございます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング