≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」4話、イ・ジュンギ、写真情報の提供者登場で危機

Wow!Korea / 2020年8月7日 0時19分

「悪の花」4話、イ・ジュンギ、写真情報の提供者登場で危機(提供:OSEN)

6日に放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」では、自身を知る情報提供者により危機を迎えたペク・ヒソン(イ・ジュンギ)の姿が描かれた。

この日チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)は、ペク・ヒソンに黒の雨具を渡して黒の雨具を使うペク・ヒソンを見て、「昨日の夜これを着たあなたを見た時、誰か分からなかった。ところでナム・スンギルは、どうやってマスクまでしてたのに分かったのか」と疑問を持った。

これにペク・ヒソンは、「勘違いしたのではないか」と答えた。チャ・ジウォンは、「いやド・ヒョンスだけだ。じゃないと私が特診するだろう」と話した。続けてチャ・ジウォンは事件記録紙を見て、「本当に子供たちは父親が殺人者だと知らなかったのだろうか。ド・ヒョンスは父親と似た傾向にあるようだけど」と述べた。

続いて「ド・ヒョンスのモンタージュ作業を行う。ド・ヒョンスが働いていた中華料理店の社長に会う」と伝えた。これに驚いたペク・ヒソンは、「キム・ムジン記者と一緒に行動するのか」と尋ねた。チャ・ジウォンは、「そうだ」と答えた。

ペク・ヒソンは、キム・ムジンに連絡して「モンタージュから防いで」と伝え、これにキム・ムジンは「昨日会ったかのようにド・ヒョンスの顔が生き生きしている」とペク・ヒソンと違うモンタージュを作成するために協力した。

一方、ヨンジュ市に住むお年寄りが、ド・ミンソクの息子が中華料理店殺人事件の容疑者だというニュースを見た後、警察署に連絡した。連絡を受けたチャ・ジウォンに「5年前の写真である。若い頃のお父さんの顔そっくりそのままだ」と説明した。

これによりチャ・ジウォンがヨンジュ市に向かい、ペク・ヒソンもキム・ムジンにこの事実を伝えてヨンジュ市に向かった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング