≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る

Wow!Korea / 2020年8月23日 23時59分

≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る(提供:OSEN)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

23日に放送されたtvN土日ドラマ「秘密の森2」第4話ではハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)がセグク地区隊の自殺事件に関する真実を知る姿が描かれた。

この日、検察警察協議会が始まった。警察庁捜査局長シン・ジェヨン(イ・ヘヨン)が先に「来て下さりありがとう」と機先を制すると、ウ・テハが「こちらこそありがとう。私たちは仕事をしに来た」と答えた。さらに、シン・ジェヨンは警察の捜査権に関する話を伝え、キム・サヒョン(キム・ヨンジェ)が反対意見を掲げた。

これを聞いたチェ・ビッ(チョン・ヘジン)は「検察だけが令状を請求するようにしたのは5.16勢力たちだ。これが法律上でどれだけ欠点があるのか、よく知っているじゃないか」と聞き、これにキム・サヒョンは「その当時、クーデター勢力が作ったのは事実だ。存在してはいけない悪法だったが、それでも存在した。歴史上欠陥が合わない気がする。 さらに、改正がされず今までも続いている」と答えた。

これにハン・ヨジンが「悪法だということを認めるのではないのか」と、間違った事例を説明した。すると、ウ・テハは「その事件はそれで敗訴しなかった。そして全て古い話だ。5.16まで言い立てるのは」と気に食わなかった。

これにチャン・ゴンが乗り出して、「最近のことだ」「不動産詐欺に遭った被害者に会った。苦労して捕まえた。ところが拘束令状が出なかった。家主と組んで家主のフリをして被害者に保証金で渡し、その金を手にした。今日の未明に解いてあげなければならない」と話した。

チェ・ビッは「いまだに変わっていない」と嘆いた。シン・ジェヨンは「今も令状のせいで大変なのに令状請求権を未だに与えないと?」と怒った。

これを聞いたファン・シモクは「検察の力は起訴にあるのではなく、起訴する事件を起訴しないことにある。令状請求権を持った人に明らかに圧力がかかってくるだろうに、どのやって食い止めるのか。警察が法を知らず、このようなことがあるのではない」と話した。

これにハン・ヨジンは「私たちが直接、裁判所から請求権を貰います」と話し、チェ・ビッも「請求された令状が不適切だと裁判所で引き留める」と加勢した。

ウ・テハは「こんなのが何か協議か。お互いに気を悪くして今日はここでやめよう」と席を立ち、キム・サヒョンにチャン・ゴンがある言葉を思い出しながら「どんな子が令状を持って小細工か。どうして令状請求してくれないんだよ。今までしてくれないこと。今してくれたら、さらにおかしいじゃないか」と心配し、キム・サヒョンも「保証金詐欺師なのに…本当に釈放されたらどうする」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング