<WKコラム>「シベリア先発隊」俳優たちがバラエティ始動! イ・ソンギュンは「夏休み」ゲスト、キム・ナムギルとイ・サンヨプは新番組出演!

Wow!Korea / 2020年8月29日 15時52分

昨年9月から11月まで放送され、人気を博した「シベリア先発隊」。(画像:番組ポスター)(画像提供:wowkorea)

イ・ソンギュン、キム・ナムギル、イ・サンヨプ、コ・ギュピル、キム・ミンシクの人気俳優5人がシベリア横断旅行に出かけた「シベリア先発隊」(tvN)が昨年9月から11月まで放送され、俳優たちの知られざる素顔が垣間見られ、好評を博したが、彼らがまたバラエティで動き出した。

まず、イ・ソンギュンはチョン・ユミ×チェ・ウシクのホームカンス(ホーム+バカンス)バラエティ「夏休み」にパク・ヒスンと共にゲスト出演。8月14日放送の第5話、21日放送の第6話、28日放送の第7話に登場した。

イ・ソンギュンはパク・ヒスンとチームとなり、チョン・ユミ&チェ・ウシクと皿洗いをかけた卓球対決を繰り広げたほか、みんなでマッコリを作ったり、海に出て水遊びをしたり。食事中にイスから転げ落ち、大爆笑を誘うなど、飾らない姿で“近所のお兄さん”のように親しみやすい姿を見せたが、やはりイ・ソンギュンといえば、料理。「シベリア先発隊」でも見せた料理の実力を今回もいかんなく発揮。持参した土鍋を使い、手の込んだ「コンナムル(豆もやし)クッパ」を手際よく作り、メンバーたちをうならせた。

また、チェ・ウシクと共に出演した映画「パラサイト 半地下の家族」のエピソードも公開。「アカデミー賞」授賞式で、広告CMが1分流れる間にトイレに行けるが、その間に戻って来ないとドアが閉められてしまい、チェ・ウシクが戻って来られずに受賞の瞬間を見逃したことや、念願だったポン・ジュノ監督との初対面で、「一緒に仕事をしたいけれど、すごく若く見える」と監督から言われ、「僕は白髪が多くて、染めているんです。心配しないでください(笑)」とアピールしたというエピソードを明かすなど、トークでも率直な姿で笑いも届け、大活躍をした。

続いて、キム・ナムギルは、「シベリア先発隊」のイ・チャンヒョン監督と再びタッグ。どうやら9月に撮影がスタートする予定の新バラエティ「キム・ナムギルPJT(仮題)」(tvN)に出演するようだ。ヨットで大韓海峡(日本慣用名:対馬海峡)を横断する航海リアリティで、キム・ナムギルとは「シベリア先発隊」でも共演したコ・ギュピル、そしてパク・ソンウン、女優コ・アソンがキャスティングされたということが報じられている。詳細はまだ出ていないが、こういった旅バラエティに女優がレギュラー出演するのは珍しいので、どのような内容になるのか引き続き注視したいところだ。

そして、イ・サンヨプは9月3日にスタートする教養番組「悩み解決リアリティ-インタビューゲーム」(SBS)で初のMCに挑戦する。同番組は、悩みや心配事を持つ出演者が、自ら会いたい人にインタビューをしに行き、自分の問題を解決していく形式のリアリティ。イ・サンヨプは女性お笑い芸人イ・ヨンジャ、女性タレントのキム・ナヨンと共に番組を進行していくが、これまでもバラエティで、抜群のトークセンスを見せてきたので、今回は初のMCとして、どのような姿を見せるのか。すでに収録では、それぞれの悩みに一緒に泣いて笑うなど、寄り添った姿を見せていたとのことなので、オンエアが楽しみだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング