ヤン・ヨソプ(Highlight)、「COME BACK SHOW MU:TALK LIVE」MCとして出演=除隊後初の活動

Wow!Korea / 2020年8月31日 16時20分

ヤン・ヨソプ(Highlight)、「COME BACK SHOW MU:TALK LIVE」MCとして出演=除隊後初の活動(画像提供:wowkorea)

去る30日、軍服務を終えて除隊したアイドルグループ「Highlight」のヤン・ヨソプが、新概念カムバックライブミュージックショーで活動に乗り出す。

カカオMが企画・制作するTOPアーティストの華やかなカムバックステージとファンのリアルタイム疎通で楽しめる新概念ライブミュージックショー「COME BACK SHOW MU:TALK LIVE」にヤン・ヨソプがMCとして出演する。年末の音楽授賞式をはじめ、様々なミュージックショーなど音楽コンテンツを演出したチョ・ウンソク局長とユ・ジュサンCPが制作、他の音楽番組と異なり、カムバックするアーティストに集中した差別化されたコンテンツを披露する予定だ。9月14日にカカオトーク「カカオTVチャンネル」と「#カカオTV #tab」で初めて公開される。

カムバック最初の活動に「COME BACK SHOW MU:TALK LIVE」を選択したヤン・ヨソプはデビュー以来、番組MCとしても活躍するなど多様な放送を通じて見せてくれたウィットに富んだ話術と安定した進行力を披露する計画だ。2009年にデビューし、もう立派な“12年目のアイドル”らしく出演アーティストとも自然にライブショーを導いていく予定だ。軍服務により、しばらく見られなかったヤン・ヨソプのユーモラスなトークはもちろん、「HIGHLIGHT」のメインボーカルらしい実力まで披露できるのか、ファンの期待が非常に高まっている。

「COME BACK SHOW MU:TALK LIVE」は人気アイドルグループから有名ラッパー、実力派ミュージシャン、ソロ歌手に至るまで、様々なK-POPアーティストのカムバックステージに焦点を当てて、アーティストもファンも大満足する新しい番組として位置づけられる計画だ。特にその週にカムバックするアーティストだけが出演、スポットを当てる新しいフォーマットで華やかな新曲ステージだけでなく、アーティストとファンがリアルタイムでコミュニケーションを図るライブトークも同時に行う予定だ。まるで単独カムバックショーのように、出演アーティストのために完ぺきに構成されたステージとコンテンツで、アーティストもファンもみんなが楽しめる興味深いライブショーとして披露される。

「MMA」など超大型規模のミュージックショーを演出した制作陣が披露するハイクオリティなステージもファンをときめかせる予定だ。アーティストのカムバックステージに最適化されたデザインや照明、技術などを総動員して、これまでにない華麗なカムバックステージで目と耳を引き付ける計画。 特にAR(拡張現実)や3Dなどを活用した特殊効果、一層アップグレードしたマルチカメラなど、様々な技術要素を取り入れ、ファンの楽しさを倍増させる見通しだ。

それだけでなく、本放送の他にアーティストのリハーサルや収録過程が盛り込まれたビハインド、バックステージで待機する姿などアーティストのステージ裏のようすも盛り込んだ直カムなども追加でお披露目し、K-POPファンに充実した楽しみを届ける計画だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング