<WKコラム>「韓国放送大賞」で「BTS(防弾少年団)」、カン・ハヌルらが受賞!「ITZY」&「THE BOYZ」が祝賀パフォーマンス!

Wow!Korea / 2020年9月11日 16時43分

「第47回韓国放送大賞」で3年連続「歌手賞」を受賞した「BTS」。(画像:画面キャプチャ)

「第47回韓国放送大賞」授賞式の模様が9月10日(木)、MBCで放送された。今回は新型コロナウイルスの影響により、大賞以外は受賞者の発表および表彰などが、事前収録されたVTRで公開されるという例年とは異なる形式とはなったが、このような時期だからこその意義ある授賞式だった。

「韓国放送大賞」は放送の日(9月3日)を記念するため、1973年から開催されており、視聴者に喜びと感動を与えた番組を広く知らせるとともに、放送人の努力を称え、創作意欲を鼓舞させるための賞とのこと。今回は2019年6月から2020年5月まで、全国の地上波で放送された番組を対象に、全217作の中から作品賞24作、個人賞19組、大賞1作が選定された。

進行は地上波3局のアナウンサー。MBCの女性アナウンサー、パク・ヨンギョンを真ん中にし、両サイドにはKBSの男性アナウンサー、イ・ジェソン、SBSの男性アナウンサー、チョ・ジョンシクが陣取った。日本でもそうだが、各局のアナウンサーが同じフレームに入るのは珍しく、しかもイケメン&美女というビジュアルが、簡素化した授賞式に華を添えていた。

また、韓国の授賞式ではお馴染みの“祝賀パフォーマンス”も行われ、人気K-POPアイドルが登場。当然、無観客のステージではあったが、オープニングでは「ITZY」が「Not Shy」で華やかに幕を開け、中間では「THE BOYZ」が「REVEAL」で、キレキレのパフォーマンスを披露し、祝賀ムードを盛り上げた。

授賞式では、断然注目を集めたのが、3年連続で「歌手賞」を受賞した「BTS(防弾少年団)」。受賞コメントは「権威のある授賞式で、貴重な賞をいただき、心より感謝申し上げます」とリーダーのRMから始まり、「今年リリースしたアルバム『MAP OF THE SOUL:7』とシングル『Dynamite』が本当に身に余るほど愛されましたが、僕たちの音楽を聴き、愛してくださる多くの方にまずは感謝を申し上げたいです」とSUGA。J-HOPEは「最高のコンテンツを作るため、日夜苦労されているパン・シヒョクPDをはじめ、BigHitのスタッフの皆さんにも感謝致します。そばにいるメンバーたち、家族の皆さんにも感謝したいです」と伝えた。

そして、JUNG KOOKは「いつも僕たちと共にしてくださる“ARMY”の皆さんがいらっしゃったから、ここまで来ることができたし、これからも前へ進み続けられる力をもらった気がします。お互い力になれる存在として、皆さんと長く、共にこの道を歩んでいきたいです」とファンに感謝し、Vも「皆さんに癒しと感動をお届けできる音楽とステキなステージで恩返しができるよう、いつもベストを尽くしていきます。これからも僕たちに多くの関心と応援をお願い致します」と求めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング