ジュンス(JYJ)、インスタに温もりある夕陽を届ける…日常の風景が伝えてくれる“希望と喜びの時間”

Wow!Korea / 2020年9月15日 0時43分

ジュンス(JYJ)、インスタに温もりある夕陽を届ける…日常の風景が伝えてくれる“希望と喜びの時間”(画像:ジュンス公式インスタグラム)

歌手兼ミュージカル俳優として活動しているジュンス(JYJ)が、夕陽の光で希望のメッセージを伝えた。

14日午後、ジュンスは自身のインスタグラムに夕陽の絵文字とともに1枚の写真を投稿した。

公開された写真には、建物の間に道路が広がり空を撮影した画角で、低い位置の白い雲と電線の間に沈みゆく夕陽がゆるく輝いている。

これを見た俳優のソン・ジュノは「アートだね」と絶賛しながら、「毎日が今日みたいなら、大切さを失うのを感じる前に…幸せで呼吸困難に…」と独特の表現で感想を伝えた。ソン・ジュノはジュンスとミュージカルで共演をし親交を深めている。

ジュンスは今月10日に放送されたTV CHOSUNの音楽番組「リクエスト曲を歌って差し上げます愛のコールセンター」に出演し大きな反響を呼んだ。

ミュージカル特集として組まれたこのオンエアでジュンスは「ドラキュラ」から「Loving You Keeps Me Alive」を披露し、圧倒的な歌唱力を視聴者に聞かせ、各種ポータルサイトのリアルタイムの検索ワードでは1位を獲得した。

これを受けてジュンスは公式フェイスブックを通じて「みんなでミュージカルを作ったようで、より楽しく撮影に臨むことができた幸せな時間だった」と感想を明かしながら、「番組を通じて歌を披露することができたので、これからもよい機会でお目にかかりたい」と期待をさらに高めた。

ジュンスは今年でミュージカル俳優としてデビューし10周年を迎え、4年ぶりの作品となった「ドラキュラ」は、新型コロナウイルス感染症により公演に制限が生じたが、千秋楽には「大変な状況でも毎回マスクを必ず着け、舞台を埋め尽くしてくださった観客の方々のエネルギーで、最後まで来ることができた」と感謝を伝えた。

コロナ禍でも魂の歌声で人々を勇気づけるジュンスは日常の中の夕陽で、普通に生活できることへの喜びと希望を考える時間を与えてくれたのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング