≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」8話、イム・スヒャンが7年ぶりにハ・ソクジンと衝撃の再会

Wow!Korea / 2020年9月17日 10時38分

≪韓国ドラマNOW≫「私がいちばんキレイだった時」8話、イム・スヒャンが7年ぶりにハ・ソクジンと衝撃の再会(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

16日に放送されたMBCドラマ「私がいちばんキレイだった時」8話では、イェジ(イム・スヒャン)とジン(ハ・ソクジン)が再会する様子が描かれた。

ファン(ジス)はイェジにジンの行方不明宣告審査を申請することを提案し、自分自身を追い詰めている彼女のために努力した。しかしファンのこのような行動には、自分が悪い奴になってでも苦痛の中で生きている家族を救いたいという気持ちも込められていた。そんなファンの気持ちを知ったイェジは「つらかったんでしょ?一人ですごくつらい思いをしたはず」と慰めると、ファンは大泣きした。

しばらくして母ヨンジャ(パク・ジヨン)が「ソウルで待っている人がいる」と、ジンが生きていることを伝えた。ファンは「生きているくせに、どうして姿を現さないんだ?なぜ戻ってこないんだよ」と怒ったが、イェジは夫と7年ぶりに会えると喜んで急いでジンのもとに行った。

しかしジンはイェジの登場に驚いて戸を閉めると、イェジは「中にいるんでしょ?イェジよ。あなたの妻が来たのよ」と泣きながら叫んだ。そしてドアが開き、車いすに乗ったジンの姿を見たイェジは声を出せないまま座り込み、「こういうことだったの?だから戻って来なかったの?」と涙を流した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング