≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」15話、ムン・チェウォン、キム・ジフンが目覚めて驚愕

Wow!Korea / 2020年9月18日 0時17分

≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」15話、ムン・チェウォン、キム・ジフンが目覚めて驚愕(画像提供:wowkorea)

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

17日に放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」では、ペク・ヒソン(キム・ジフン)が目を覚ました事実を知ったチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)の姿が描かれた。

この日チャ・ジウォンは、家に泥棒が入ってペク・ウンハ(チョン・ソヨン)が危険であるという連絡を受けまっすぐ家に向かった。幸いなことにペク・ウンハは、ド・ヘス(チャン・ヒジン)のおかげで無事だった。刑事たちはCCTVを確認し、チャ・ジウォンを狙った人物がド・ヒョンス(イ・ジュンギ)を呼び出した人物であるということを確認した。

これにイム・ホジュン(キム・スオ)は、チャ・ジウォンに連絡し「先輩、今日生きていたらダメだ」と話し、メディアにチャ・ジウォンが死んだと流した。チャ・ジウォンは、「私を殺そうとしたんだ。しかし、犯人は私の顔を知らない。おかしい」と言うと、イ・ウチョル(チェ・デフン)は「犯人が二人かも」と推測した。

ペク・ヒソンはヨム・サンチョルを訪ね、閉じ込められているチョン・ミスクを見て「15年前には覚えていなかったが…今は思い出したようだ」と語った。続いてヨム・サンチョルに5億ウォンを渡した。ヨム・サンチョルは紙幣を数えながら喜んでいると、ペク・ヒソンが撒いた殺虫剤を吸ってしまっていた。これに気付かないヨム・サンチョルは、「もう会わないようにしよう」とその場を去ろうとすると、鼻血を流した。

ヨム・サンチョルが出ると、ペク・ヒソンはチョン・ミスクに「私たちは常にこのように会うのかな。チョン・ミスクさんはいくら逃げても逃れることはできないみたいだ。これはあなたの運命だ」と不気味な笑みを浮かべた。

パク・スンヨンを捜査していたチェ・ジェソプは配達員から、「その方は聴覚障害者ではない。玄関のドアの横にベルがあった。私はその後ベルを押さずにノックをした」という陳述を確保し、パク・スンヨンの元に出された豆腐は夕方ではなく、お昼に食べたものだったことを確認した。

チェ・ジェソプはすぐにこの事実を仲間の刑事たちに知らせた。チャ・ジウォンは、「犯人を隠そうとする人物。母親。15年前にはブラックボックスがなかったから気にしなかったのだ。ペク・ヒソンが目覚めたんだ」と驚愕した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング