「Stray Kids」、音楽番組+チャート1位…“世界最速で成長中”

Wow!Korea / 2020年9月25日 7時58分

「Stray Kids」が音楽放送とアルバムチャートで1位の座につき、止められない人気の上昇を証明している。(画像提供:OSEN)

「Stray Kids」が音楽放送とアルバムチャートで1位の座につき、止められない人気の上昇を証明している。

23日、MBC every1とMBC Mを介して放送された「SHOW!CHAMPION」で新曲「Back Door」が1位のトロフィーを手にした。

メンバーたちは「すべてのファンの方々のおかげだ。感謝し、愛している」とファンに感謝の挨拶を伝え、アンコール舞台の上で1位の喜びを惜しみなく表現した。

また、ガオンチャートを運営する韓国音楽コンテンツ協会側の発表によると、14日に発売された「Stray Kids」の1stリパッケージアルバム「IN生」はアルバムチャートのトップに上がった。

アルバム集計サイトチャートのアルバム週間チャートとガオンチャートの2020年38週目のリテールアルバムチャートトップに上がったのに続き、もう一つの1位キャリアを積んだ。

新譜は、先行予約数量30万枚を記録し、ハントチャート基準初動(発売日あたり一週間のアルバム販売量)23万3381枚を達成した。

これは「GO生」の初動の12万7930枚より2倍程度増加した数値で、グループ自体の最高成績だ。

今年6月に発表された初めてのアルバム「GO生」以来3か月ぶりに発売したリパッケージアルバムが、このような好成績を収め、「Stray Kids」の高騰人気を改めて実感させた。

22日、ツイッターや音楽スタートアップの「K-POPレーダー」が発表した「K-POP Twitter 2020ワールドマップ」でも頭角を現した。

2019年7月から2020年6月までの1年間のツイート言及量が急増したK-POPアーティストを紹介する「世界で最も急速に成長したK-POPアーティストトップ10」部門1位を占めた。

「全世界で最も多く言及されたK-POPアーティストトップ10」部門では名だたる先輩アーティストたちに続いて10位を記録した。 2018年デビュー歌手の中では、チャートに名前をあげたのは「Stray Kids」のみだ。

次世代K-POP代表グループ「Stray Kids」は11月4日、日本で初のミニアルバムを公開して明確な成長を続ける見込みだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング