<WKコラム>「TREASURE」、「週刊アイドル」でバラエティ初出演!自己PRで注目を集めたハルト、ヨシなど日本人メンバーも大活躍!

Wow!Korea / 2020年10月1日 20時3分

「週刊アイドル」に出演した「TREASURE」。(画像:画面キャプチャ)

宝石よりキラキラ輝くYGエンターテインメントの大型新人「TREASURE」。8月7日にシングル「THE FIRST STEP:CHAPTER ONE」で鮮烈な世界デビューを果たし、9月18日には早くも2ndシングル「THE FIRST STEP : CHAPTER TWO」をリリース。グローバル市場ですさまじい人気を博し、世界中から大注目されている彼らが、9月30日放送の「週刊アイドル」(MBC every1)で、初めてバラエティ番組に出演した。

アイドルの登竜門と言われる「週刊アイドル」に、緊張とワクワクした様子で登場した「TREASURE」。メンバー12人が一列に並び、まずは自己PRタイム。イマドキのスタイルで、SNSの写真のように各自フレームを持ち、ハッシュタグで特徴をアピールしていった。12人もいるので、それぞれユニークで独特な個性があって面白い。何より日本人メンバー(ヨシ、マシホ、アサヒ、ハルト)のヨシがマリオジャンプ、ハルトがポップダンスを見せ、注目を集めたが、4人とも韓国語が抜群に上手いことにも驚かされた。中でも普段、出前の電話注文をよくするのがハルトだそうで、その電話のやり取りを再現してみせ、MCのウニョク(SUPER JUNIOR)とグァンヒを感心させる場面も。

「週刊アイドル」といえば、やはりパフォーマンスも見どころ。現在、世界の各種チャートを賑わせている新曲「I LOVE YOU」を披露したが、ウニョクがすごく良いと絶賛。「SUPER JUNIOR」も12人でデビューしただけに、自分のデビュー当時を思い出し、より「TREASURE」に愛着がわいたようだ。また、「TREASURE」は「I LOVE YOU」の2倍速ダンス、さらにスペシャルステージとして、「BLACKPINK」の「How You Like That」のカバーダンスまで完璧に披露した。

番組名物コーナー「オットケソング(愛嬌ソング)」では末っ子ジョンファン、ヨシ、ジュンギュがキュートな愛嬌を見せ、メンバー愛を探るトークでは最年長でリーダーのヒョンソクが、末っ子ラインのドヨンのことばかり可愛がっていて、お兄さんラインのジフン、ヨシ、ジュンギュがいつも後回しにされている気分だと嫉妬する(!?)場面もあるなど、和気あいあいとした雰囲気が微笑ましかった。

毎回、話す順番が最後となるジュンギュが話そうとすると、ウニョクとグァンヒにスルーされるお約束のボケで、バラエティの洗礼を浴びたが、上手く笑いに変えるなど、「TREASURE」はMC2人との掛け合いも面白く、上々のバラエティデビューとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング