<WKコラム>ペク・チヨン、「Miss Back」で後輩アイドル救済に!ガールズグループ出身歌手たちの衝撃告白に涙・涙…!

Wow!Korea / 2020年10月9日 18時7分

「Miss Back」に出演するガールズグループ出身の8人。(画像:画面キャプチャ)

ガールズグループ出身歌手たちの衝撃的な告白で幕を開けた「Miss Back」(MBN)が、10月8日(木)にスタートし、夜11時からの放送だったにもかかわらず、ポータルサイトの検索ワードに浮上するなど反響を呼んだ。

主人公は、才能はあるが、今やステージでなかなか見られないガールズグループ出身の8人。ソヨン(元T-ARA)、レイナ(元AFTERSCHOOL)、セラ(元NINE MUSES)、スビン(元Dal☆Shabet)、ソユル(元CRAYONPOP)、ガヨン(元STELLAR)、ユジン(元THE ARK)、ナダ(元WASSUP)。彼女たちが第2の全盛期を迎えるため、人生のターニングポイントとなる代表曲をかけ、善意の戦いを繰り広げると共に、これまでの知られざる苦悩を打ち明け、新しい飛躍に向け、挑戦する姿を通じて、感動を届ける新概念のドキュテインメント(ヒューマンドキュメンタリー+ショーバラエティ)という位置づけの番組だ。

そんな彼女たちに優しく寄り添うプロデューサーで、メンターを務めるのが「OSTの女王」ペク・チヨン。ペク・チヨンといえば、現在放送中の音楽バラエティ「HIDDEN SINGER 6」(JTBC)第4話に登場し、今シーズンの最高視聴率9.6%をマーク。その後、音源チャートで「ヨクチュヘン」(逆走行:曲を発表したときは注目を浴びなかったのに、しばらく経ってから音楽チャートで徐々に順位が上がっていくこと)を巻き起こし、改めて注目を浴びている一人だ。

ペク・チヨンの他にもメンターとして、プロジェクトグループ「Celeb Five」のメンバーでもある女性お笑い芸人ソン・ウニ、作曲家ユン・イルサンが加わり、8人をサポートしていく。

初回放送から大きな話題になったのは、華やかに見えるアイドルの世界の厳しさ、闇の部分を果敢に公開したからだ。番組によると、「少女時代」や「Wonder Girls」の登場で、第2世代ガールズグループの熾烈な戦いが始まり、その後、約260組のガールズグループが誕生。約1300人の少女がいたが、ガールズグループの成功確率は0.001%。やっとのことでデビューしても、ステージから消えたガールズグループたちが数千人に上るという。

そこで、歌手生活21年のペク・チヨンがこの間、見なくなった歌手たちが多いとし、才能のある後輩たちに代表曲を作ってあげたいと立ち上がったというわけだ。番組に出演するメンバーを探すため、3か月間で100組約200人の候補者と会い、そのうち代表曲を切実に求めているとして選ばれたのが8人だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング