ウォノ(元MONSTA X)、米国MTVのインタビュー公開…”デビューアルバム、多彩な色込めるため努力”

Wow!Korea / 2020年10月12日 8時52分

ソロアーティストウォノが米国MTVとのインタビューを進行した。(画像提供:OSEN)

ソロアーティストのウォノが米国MTVとのインタビューをおこなった。

アメリカの音楽専門チャンネルMTVは9日(現地時間)、公式YouTubeチャンネルのライブストリーミングを通じて「MTV Fresh Out Live」に出演して話題を集めたソロアーティストウォノのインタビュー映像を公開した。

この日のウォノは、デビューアルバム「Love Synonym#1:Right for Me」に込められた8曲を最終的に選別した理由について、「待ってくれたファンの方々が何を好きかどうか分からなくて、込めて見ました。いくつかのジャンルと多彩な色をお見せしたかったんです!」と「事実、最終8曲の選別過程は簡単ではなかったが、難しくても選んだ曲たちだからたくさん愛していただけたらと思います。」と説明した。

続いてアルバム作業し、最も記憶に残る瞬間についてウォノは、「世界の多くの国の人々とリモート操作をしていたミュージックビデオの撮影が最も記憶に残り面白かったです。」と、特別な経験を説明した。

ウォノはデビューアルバムのタイトル曲「Open Mind」に込められたストーリーも紹介した。彼は 「ミュージックビデオを見れば、運命に任せるように幸運のコインを投げるシーンがあります。ファンに近づく前に、新たなスタートの道の前に立つ僕の姿が込められていて、コインを使用して、運命を任せるのではなく、僕の意志で僕が描いてきたアーティストとしての成長、ソロアーティストとしての姿を見せるという強い願望を込めていました。 」と今後の活動のために覚悟と意志を表わした。

ウォノは、最初のミニアルバム「Love Synonym#1:Right for Me」の活動を終えて、さまざまなコンテンツでファンとの出会いを続けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング