≪韓国ドラマNOW≫「スタートアップ」4話、ナム・ジュヒョクがスジに嘘をついた事を告白

Wow!Korea / 2020年10月25日 23時40分

≪韓国ドラマNOW≫「スタートアップ」4話、ナム・ジュヒョクがスジに嘘をついた事を告白(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

25日午後に放送されたtvN「スタートアップ」第4話でナム・ドサン(ナム・ジュヒョク)がソ・ダルミ(元「Miss A」スジ)に嘘をついた事実を告白した。

ドサンとダルミはサンドボックスに入るために2泊3日間のハッカソンに参加しなければならなかった。事業モデルを作るハッカソンで1位になれば、サンドボックスに入ることができた。インジェもハッカソンに参加しなければならなかった。しかし、開発者たちが全て抜けてしまった状況だった。

スタートアップ・ハッカソンでは400人のうちたった40人だけが代表になる事ができ、1チームは5人で構成された。40チームの中から投資者の選択を受けた5チームだけが、サンドボックスに入居することができた。代表の資格を得る為の初のテストが始まった。単語を見て30秒以内に関連キーワードを最も多く合わせなければならなかった。ダルミとインジェとドサンはは最善を尽くして答弁を提出した。

ダルミとインジェは代表になる資格を得たが、ドサンはそうではなかった。ドサンは代表資格を得たダルミを発見した。ダルミはインジェとも出くわした。ハン・ジピョン(キム・ソンホ)とチェ・ウォンドク(キム・ヘスク)とアヒョンはこの様子を生中継で見守った。インジェは、ダルミにドサンがサンドボックス予選に参加したことを知らせた。ダルミもドサンを発見した。

ダルミとインジェは1時間で400人あまりの志願者の中にハッカソンを共にするメンバーを決めなければならなかった。ダルミはドサンを訪ねた。ダルミは「ドサン、あなたがどうしてここに。あなたはすごく良い事務室があるじゃない」と尋ねた。ドサンはダルミに騙して申し訳ないと謝罪した。インジェは「騙して衝撃、バレて衝撃だ」と話した。

ダルミは自らを騙したドサンに、サムサンテックCEOとして迎え入れて欲しいと言った。ダルミはドサンにインジェも開発者として一緒にやろうと提案した。ドサンは「ダルミは迎え入れて欲しいと言ったが、インジェは開発者として迎え入れようとした」と話した。 ドサンはインジェの代わりにダルミをCEOに選んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング