ユチョン(元JYJ)側、マスク未着用騒動について釈明

Wow!Korea / 2020年11月8日 10時1分

「JYJ」出身の歌手で俳優パク・ユチョン側が、タイでのマスク未着用騒動の立場を明かした。(画像提供:wowkorea)

「JYJ」出身の歌手で俳優パク・ユチョン側が、タイでのマスク未着用騒動の立場を明かした。コンサートをPRするための撮影だったという立場だ。

パク・ユチョン側は8日、公式Instagramを通じて、「パク・ユチョンが、タイの空港入国時、マスクを着用していなかったという報道について、説明したいと思う」という文を掲載。続けて「記事になった写真は、タイのスケジュール中、コンサートをPRするためのVTR撮影中に撮影されたもので、関係者と事前に協議したのはもちろん、徹底した防疫守則を遵守し、行った」と伝えた。

そして、「アーティストを含む全てのスタッフは、空港入国当時はもちろん、全ての日程においてマスクを着用するなど、新型コロナの予防および安全に最大限の努力を傾けている」とし、「それにもかかわらず、誤解の余地が多分にある写真により、多くの方々にご心配をおかけしたことを心よりお詫びする」と謝罪した。

パク・ユチョンは27日、タイでファンサイン会を開催した後、28日にタイ・バンコクのユニオンモール・ニオンホール2でオン・オフラインカムバックミニコンサートを開催し、現地のファンと直接触れ合う。

現在、タイに滞在しているパク・ユチョンは最近、現地での仕事の際、マスクを着用せず、建物に入る姿を見せた。その後、その建物に戻ってくるときは、マスクを着用していたが、今回も鼻は出すなど、完全に覆ってはいなかった。それにより、オンライン上で非難する世論が広がった。

以下、パク・ユチョンの公式立場全文

こんにちは。Recieloです。

11月5日、パク・ユチョンがタイの空港入国時、マスクを着用していなかったという報道について説明したいと思います。

2020年9月19日、タイに到着した後、アーティストを含む全てのスタッフが、タイ政府の指針に基づき、厳格な新型コロナの検査後、疾病管理部と、タイ公衆保健省の案内により、14日間の自己隔離を終えました。

11月2日記事になった写真は、タイのスケジュール中、コンサートをPRするためのVTR撮影中に撮影されたもので、関係者と事前に協議したのはもちろん、徹底した防疫守則を遵守し、行いました。

アーティストを含む全てのスタッフは、空港入国当時はもちろん、全ての日程においてマスクを着用するなど、新型コロナの予防および安全に最大限の努力を傾けています。それにもかかわらず、誤解の余地が多分にある写真により、多くの方々にご心配をおかけしたことを心よりお詫びします。

今後行われる全てのスケジュール進行の際、新型コロナ感染予防のために、さらに注力することを約束いたします。

ありがとうございます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング