“4年ぶりカムバック”ジュンス、「Pit A Pat」で魅せるファンタジー…強烈な世界観でリスナーの渇きを癒す

Wow!Korea / 2020年11月10日 20時28分

“4年ぶりカムバック”ジュンス、「Pit A Pat」で魅せるファンタジー…強烈な世界観でリスナーの渇きを癒す(画像提供:wowkorea)

韓国歌手ジュンス(JYJ)が4年ぶりにカムバックを告げた。

XIA(ジュンス)は10日午後6時に各種音源配信サイトを通じて2ndミニアルバム「Pit A Pat」の全曲音源と同名タイトル曲のMVを公開した。

2016年にリリースした4thアルバム「XIGNATURE」以来4年ぶりにニューアルバムでカムバックしたジュンスは2ndミニアルバムで“歌手ジュンス”を待っていたファンたちの渇きを癒す見通しだ。

ジュンスの今回の新譜「Pit A Pat」は、最近のように皆が大変な時期、音楽の力を借りて前向きなエネルギーを伝えたいというジュンスの思いから出発したアルバムで、ダンスタイトル曲「Pit A Pat」をはじめに、晩秋の感性を深く染み入る2曲のバラードナンバーとともに、2019年に初雪が降った日に奇襲的に公開されファンたちの熱い声援を得ていた「When It Snows」まで計4トラックが収録されている。

タイトル曲「Pit A Pat」はひとえにジュンスだけのために作られたリズミカルなハウス・ダンスナンバー。希望的で明るいエネルギーに満ちた楽曲で、柔らかでありながら独歩的なジュンスならではのボーカルと調和するパワフルな振り付けをともに楽しむことができる。

“So tell me you love love love me a lot、そのきれいな口から出る言葉、君と僕が一つになるMagic spell”などファンタジーな歌詞が目を引く。

またともに公開されたMVには、華やかな照明の中で強烈なダンスパフォーマンスを披露するジュンスの姿が盛り込まれている。バラードからダンスまでジャンルを問わない消化力を見せるジュンスのカムバックに、多くのグローバルファンたちの熱いリアクションが続くとみられる。

一方、ジュンスは今月21日と22日の2日間、ミニアルバムの発売記念オンラインコンサートでファンたちと会う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング