「TWICE」、「Mカ」2週連続1位疾走…“ONCEのおかげ”

Wow!Korea / 2020年11月13日 6時23分

「M COUNTDOWN」で「MAMA2020」ユートピア編が描かれた中で「TWICE」が2週連続1位を占めた。(画像提供:OSEN)

「M COUNTDOWN」で「MAMA2020」ユートピア編で「TWICE」が2週連続1位を獲得した。

12日放送されたMnet音楽芸能「M COUNTDOWN」で「MAMA2020」ユートピア編が放送された中で、「TWICE」が2週連続1位を獲得した。

この日MCは、「MAMA 2020」ユートピアへの扉とし「男性新人賞部門候補から会ってみる」と紹介した。

まず、ボーイズグループ「CRAVITY」の舞台を公開。その後「MCND」から「TOO」、「TREASURE」、「WEi」と続き、スーパールーキーのパワフルな舞台を伝えた。

次は、女性新人賞部門で「SECRET NUMBER」の舞台からスタート。続いて「WOO!AH!」、NATTY、「cignature」、「Weeekly」の舞台が披露され、爽やかなポテンシャルを放った。

さらに、世界中のファンが注目する男性グループ賞の舞台を公開。まず、候補として「EXO」のミュージックビデオから、「GOT7」のカリスマあふれる舞台が続いた。続いて「NCT」のユニークな舞台、「MONSTA X」のパワフルなパフォーマンスも視線をひきつけた。

何よりも「BTS(防弾少年団)」は、圧倒させるパフォーマンスを繰り広げた。まさにK-POPワールドスターの舞台掌握力を見せてくれた舞台だった。続く「SEVENTEEN」は一本のミュージカルを見るような活気あふれるパフォーマンスを披露して楽しませた。

次の女性グループ賞の部門では「BLACKPINK」のミュージックビデオに続き、「TWICE」さわやかな舞台から、「Red Velvet」のシックな姿、「MAMAMOO」の独歩的なユニークな舞台まで続いた。続いて「IZ*ONE」から「OH MY GIRL」まで爽やかで溌剌とした舞台を見せた。

また、ソロ男性歌手賞候補も登場。カン・ダニエルの荒っぽさがにじみ出る舞台からJ.Y.Park(パク・チニョン)はソンミと飾った話題の舞台を披露。BAEK HYUN(EXO)からZICO、テミン(SHINee)など強力な候補たちが続いた。

ソロ女性歌手候補は、まず、ソンミからIU、そしてテヨン(少女時代)とファサ(MAMAMOO)と爽やかながらもカリスマあふれる相反した魅力の舞台で目を引いた。

11月第2週1位は「TWICE」が2週連続の栄光の主人公になった。トロフィーを渡された「TWICE」は、「活動が2週だけで残念だが、活動が終わっても『ONCE』(=「TWICE」のファン)のおかげで1位の賞を獲得した」とし「次の活動時は舞台で『ONCE』に会えたら嬉しい」とファンに向けた切ない気持ちと感謝の挨拶を伝えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング