歌手コ・ヨンウク、SNS強制閉鎖に「外の世界に出てはならないというのか」鬱憤

Wow!Korea / 2020年11月19日 23時50分

歌手コ・ヨンウク、SNS強制閉鎖に「外の世界に出てはならないというのか」鬱憤(画像提供:wowkorea)

未成年者への性的暴行、セクハラ疑惑で実刑を宣告受けた韓国歌手コ・ヨンウクが、出所後インスタグラムのアカウントの作成とブロック、削除に関連する心境を伝えた。

18日、YouTubeチャンネル「キム記者のディスイズ」で「[単独公開]コ・ヨンウク30分心境告白」というタイトルで映像が公開された。

先にコ・ヨンウクは、インスタグラムのアカウントを開設し、「世界と疎通して生きてたい」という文を載せ活動再開をしようとしようとしたが、開設一日でブロックされ多くの人々の疑問を誘った。公開された映像ではコ・ヨンウクは電話インタビューで、インスタグラム開設については、「金儲けのためでもなく、インスタグラムをしてもお金になることもない」とSNS開設による様々な推測に線を引いて、単純な日常コミュニケーションのために開設したことを明らかにした。

加えて事件と関連して実刑を終えた後、時間が経った今でも家にだけとどまっている現在の状況を知らせ、「性犯罪者がなんで人々とコミュニケーションをとるのかという文章を見れば間違ったことは分かるが、前科がある人は世界に出てはならないという、どこかへ行って死ねという話には少し力が抜けた」と、自分に向かって鋭い非難に対して苦しい心境を吐露した。

最後に、コ・ヨンウクは「私の不覚で誤った判断で不適切な関係をしたことも事実であるので、当然申し訳ありませんし間違ったことを理解している。一生反省する気持ちで生きていくしかない」と被害者に向けた謝罪の話を伝えた。

しかし、このような解明と謝罪にも大衆は「罪も許されることができる罪がある」、「被害者は、過去の日の悪夢を見る。出てこないで」、「出所してからどのくらいたったからといってもう疎通という言葉を使うのか」などまだ冷たい反応を見せている。

一方、コ・ヨンウクは、グループ「Roo’Ra」でデビューして大衆の多くの愛を受けた。2010年から2012年までの未成年者3人を暴行したり、強制わいせつした容疑で懲役2年6か月を宣告された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング