≪韓国ドラマNOW≫「私を愛したスパイ」8話、エリック(SHINHWA)&ユ・インナ&イム・ジュファンがそれぞれ新たな局面を迎える

Wow!Korea / 2020年11月20日 9時48分

≪韓国ドラマNOW≫「私を愛したスパイ」8話、エリック(SHINHWA)&ユ・インナ&イム・ジュファンがそれぞれ新たな局面を迎える(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

19日に放送されたMBCドラマ「私を愛したスパイ」8話では、ジフン(エリック(SHINHWA))とアルム(ユ・インナ)、デリック(イム・ジュファン)の諜報戦が新たな局面を迎える様子が描かれた。

デリックとピーター(チョン・スンビン)が言い争っているのを見たアルムは、夫の秘密を明らかにするため“エサ”をまいた。ソフィーのハンドバッグにバックアップ装置が隠されていたという嘘の情報を流すと、デリックはアルムの作業室に侵入した。デリックがアルムの罠にまんまとかかったのだ。アルムはティンカー(イ・ジョンウォン)の正体から、外交部に設置した盗聴器、ピーターとの関係まですべてを明らかにするよう求めた。

アルムは「今、この瞬間から嘘をついたら私たちは終わりよ」と警告すると、デリックは自分が産業スパイであることを告白し、一緒にいられなくなるかと心配で黙っていたと正直に明かした。しかしアルムはショックが大きすぎて、しばらく離れていると答えた。同じように苦しんでいるデリックは、アルムが自分のせいで傷つき、愛する妻を失うかもしれないと思い、ソフィー(ユン・ソヒ)の研究資料だけ残して産業スパイ生活を整理しようと決心した。

ジフンは一日でも早くアルムを危険から守り、ソフィーを殺した犯人を捕まえるために正面突破することを選んだ。ピーターを誘い込んだジフンは、自分の正体を明かして協力を求めた。ジフンは、ソフィーを心から愛していたピーターに自分も守りたい人がいるんだと訴えると、ピーターは殺害現場にあった車載カメラの映像を見て揺らぎ始めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング