<WKコラム>『2020年総決算』“怪物新人”「TREASURE」、「ENHYPEN」、「CRAVITY」ら2020年にデビューしたK-POPグループ

Wow!Korea / 2020年12月26日 19時25分

「TREASURE」。(画像提供:wowkorea)

2020年のK-POPは「BTS(防弾少年団)」が世界でさらに輝きを放った一年だったが、そんな「BTS」に続けとばかりに、大きな夢を抱き、今年も新人グループが続々とデビュー。ただし、コロナ禍の影響により、genieミュージックによると、2018年には39組、2019年には40組がデビューしたが、2020年は26組にとどまった。

そんな中でも、“怪物新人”、“スーパールーキー”と呼ばれ、まぶしい活躍を繰り広げた新人グループを振り返ってみる。

★「TREASURE」

YGエンターテインメント所属の12人組ボーイズグループ。12人のうち4人が日本人メンバーで構成され、最初からグローバル市場を狙った大型グループとして注目を集め、8月7日にデビュー。新曲リリースのペースが遅いことで有名なYGながら、すでに3枚のシングルをリリースしていることからも、強力な自信と期待の高さがうかがえる。

「2020 Asia Artist Awards」の新人賞に加え、デビュー4か月で「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」では男性新人賞とWorldwide Fans Choice Top 10の2冠に輝いた。

日本での正式デビューはまだだが、初の日本オリジナル楽曲「BEAUTIFUL」が、週刊少年ジャンプにて連載中の大人気作品「ブラッククローバー」のテレビアニメ新エンディングテーマに決定。同曲は2021年1月5日からテレビ東京系でオンエアされる。

★「ENHYPEN」

CJ ENMと「BTS(防弾少年団)」を擁するBig Hitエンターテインメントの合弁法人BE:LIFT LAB所属で、グローバルアイドルプロジェクト「I-LAND」にて選抜された7人組ボーイズグループ。日本人のニキを含む多国籍メンバーで構成され、デビュー前からTikTok、ツイッター、YouTube、インスタグラム、V LIVEなど5大SNSのフォロワーおよびチャンネル登録者数が100万人を相次いで突破する異例の記録を作った。

11月30日にデビューし、デビュー曲「Given-Taken」のミュージックビデオは公開3時間20分で再生回数100万回を達成。29の国・地域のiTunes「トップアルバム」チャートでトップ5にランクインするなど、すでにグローバルな人気を見せている。

★「CRAVITY」

「MONSTA X」や「IZ*ONE」のチャン・ウォニョン、アン・ユジンらが所属するSTARSHIPエンターテインメントの9人組ボーイズグループ。「X1」出身のヒョンジュンとミニ、「PRODUCE X 101」(Mnet)に出演していたジョンモとウォンジンらを擁し、デビュー前から注目を集めていた。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング