「BTS」「TWICE」「SEVENTEEN」「NCT 127」ら、「ゴールデンディスクアワード」出演確定

Wow!Korea / 2020年12月29日 9時51分

「BTS」「TWICE」「SEVENTEEN」「NCT 127」ら、「ゴールデンディスクアワード」出演確定(画像提供:wowkorea)

トップクラスのK-POPアーティストらが「ゴールデンディスクアワード」出演を確定した。

来月1月9日と10日、JTBC·JTBC2·JTBC4で放送される「第35回ゴールデンディスクアワード with CURAPROX」に「GOT7」、「NCT 127」、「Stray Kids」、「TWICE」、「NU’EST」、「MONSTA X」、「BTS(防弾少年団)」、「SEVENTEEN」、「OH MY GIRL」などが出演する。

彼らはすべて本賞候補だ。「GOT7」、「NCT 127」、「Stray Kids」、「NU’EST」、「MONSTA X」、「SEVENTEEN」はアルバム本賞候補。「OH MY GIRL」はデジタル音源本賞候補に挙がった。3年連続デジタル音源・アルバム本賞を受賞した「TWICE」と第34回「ゴールデンディスクアワード」で史上初のデジタル音源・アルバム大賞を同時に席巻した「BTS」は今回のデジタル音源・アルバム部門本賞候補の両方に名を連ねた。

「ゴールデンディスクアワード」事務局は29日「第35回ゴールデンディスクアワードは観客のいない非対面方式で行われる。出演を確定したGOT7、NCT 127、Stray Kids、TWICE、NU’EST、MONSTA X、BTS、SEVENTEEN、OH MY GIRLらは防疫規則を徹底的に順守しながら、ステージを事前収録で行う予定だ。アーティストの安全のための決定」とし「ゴールデンディスクアワードだけで見られる特別なステージを準備中」と伝えた。

韓国最高権威の「ゴールデンディスクアワード」は1986年の第1回を皮切りに35年間続いている。公正な受賞結果とともにアイディアあふれるステージ演出及び企画などで最高の音楽フェスティバルとして位置づけられている。なお、1月9日のデジタル音源の日はパク・ソダム、イ・スンギが、1月10日のアルバムの日はイ・ダヒ、ソン・シギョンがMCを務める。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング