≪韓国ドラマNOW≫「ペントハウス」21話(最終回)、オム・ギジュン、鳥肌の出る二重性...パク・ウンソク監禁に脅迫「身代金がものすごい」

Wow!Korea / 2021年1月5日 22時42分

「ペントハウス」21話(最終回)、オム・ギジュン、鳥肌の出る二重性...パク・ウンソク監禁に脅迫「身代金がものすごい」(画像提供:wowkorea)

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

オム・ギジュンが鳥肌の出る二重性を見せた。

5日に放送されたSBS月火ドラマ「ペントハウス」は、チュ・ダンテ(オム・ギジュン)がシム・スリョン(イ・ジア)の死亡後に二重人格のような姿を見せた。

チュ・ダンテは、警察の前でシム・スリョンの死を嘆いていたが一人になると元の姿を見せた。ベロナは警察を訪ね、「私の母はなぜこのようなことになったのか」と尋ねた。警察は、「お母さんが全て認めた」と述べた。ベロナは、「私の母がそんなはずはない」と衝撃を受ける姿を見せた。

ヘラパレスでは、シム・スリョンの葬儀が行われた。コ・サンアとイ・ギュジンは涙を流して悲しむふりをしたが、カン・マリは「住宅価格が毎日暴落している。このような災害がどこにある」と述べた。イ・ギュジンは、「オ・ユンヒに感謝しなければならない。おかげでミン・ソラの事件の調査が終結された。被害者も死んで被害者の保護者も死んだのに、当然事件は終結されない」と卑劣に喜んだ。

チュ・ダンテは、チュ・ソクキョンとチュ・ソクフンに「変わることはない。ペントハウスも何も起こらなかったかのように整理しておく」と述べた。しかし、チュ・ソクフンは「お母さんが死んだ。お父さんは本当に何もないようだ」と述べた。チュ・ダンテは、「休息が必要な場合、留学に行ってもいい」と述べた。

チュ・ソクキョンは、「私たちを本当に心配してくれる人は誰もいない。お母さんも私たちを守ろうとしてくれたが、最終的には死んでしまった」と述べた。チュ・ソクフンは、「もう戻るのはやめよう」と述べた。

チュ・ダンテは、ローガンリー(パク・ウンソク)を拉致して監禁した。ローガンリーは、「シム・スリョンを誰が殺したんだ」と怒った。チュ・ダンテは、「私に対して詐欺をはたらくのか。あなたのおかげで顔が売れ検察を行き来して、間違えれば豆ご飯を食べるところだった」と述べた。ローガンリーは、「それがなぜ私のせいなのか。人生を間違えて生きたお前のせいだ」と述べた。

チュ・ダンテは、「あなたをを殺すつもりもないし、傷を負わせるつもりもない」とし、「あなたの父ジェームズ・リーと電話した。あなたの父と少し交渉をした。ミン・ソラ、その女がまたこのように私を助けてくれる。あなたのお父さんが辛い息子のために涙ぐましい行動をされた」と述べた。チュ・ダンテはローガンリー家がミン・ソラにしていた悪行を言及し、ローガンリーを脅迫した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング