ヒョヨン(少女時代)、キム・サンギョ氏の ”Burning Sun事件”コメントに「聞いたこともないし自分の仕事をしただけ、今日までは耐える」

Wow!Korea / 2021年1月15日 13時8分

ヒョヨン(少女時代)、キム・サンギョ氏の ”Burning Sun事件”コメントに「聞いたこともないし自分の仕事をしただけ、今日までは耐える」(画像提供:wowkorea)

”Burning Sun事件”の情報提供者として知られる、キム・サンギョ氏が歌手ヒョヨン(少女時代)についてコメントし、証言を求める中、ヒョヨンが自ら釈明に出た。

ヒョヨンは14日午後、自身のInstagramに「皆さん落ち着いて。おとなしくしているから何でもないように見えるようだけど、私は一生懸命自分の仕事をしました」とし、「(Burning SunにDJとして行った当時)色々な人達と挨拶もしたし、公演をお祝いしに来てくれた友達、スタッフさん達と酒を飲もうとご機嫌でサムギョプサルから酔い覚ましまでして、家に帰りました。」とコメントを掲載した。

ヒョヨンは「クラブの中で互いにナンパし合い、よだれを垂らしているような男と女は見たことがある気がします」とし、「でもそんな女優、俳優たちは見たことがありません」と語った。

そして「ネット上でだけ威張る皆さん、今日までは我慢します」とし、「今回は本当に怒りますよ」と強調。続けて「このコメントは明日消します。ビビって消すんじゃないですよ」と述べ、「言わないと、やられるでしょ」と明かした。最後に「では皆さん、明けましておめでとうございます。不老長寿、健康で長生きしてくださいね」と伝えた。

先立って、キム・サンギョ氏は去る13日に自身のSNSにヒョヨンがクラブでDJをしている写真とともに「2018年11月24日、『JMソルーションとBurning Sunのパーティー』DJ少女時代のヒョヨン、一つだけ伺います」とし、「あの日、麻薬に酔ってよだれを垂らしていた女優は誰なのか、その誰かさんのせいでヨクサム地区警察の◯◯と◯◯◯がクラブ内に入れなかった」とコメントを残した。

彼は「あの日、VVIPのあなたは全部見たのではないか。ヒョヨンちゃん」とし、「麻薬に酔った女優が◯なのか、◯なのか、私をクラブの中で麻薬に酔って暴行したXがスンリの友達、あの麻薬中毒者なのか、お前は知ってるだろう」と述べ、「もうそろそろ、吐け。後がないぞ」と主張し、ヒョヨンに証言を求めた。

これについて14日、SMエンタテインメントの関係者は取材に対し「ヒョヨンは当時DJ公演の依頼を受けて公演しただけで、該当のコメントとは全く無関係です」とし、「憶測と誤解がないようにしていただきたい」と釈明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング