≪韓国ドラマNOW≫「女神降臨」13話、チャ・ウヌ(ASTRO)がみんなの前でムン・ガヨンとの交際を宣言=あらすじ・ネタバレ

Wow!Korea / 2021年1月28日 10時5分

≪韓国ドラマNOW≫「女神降臨」13話、チャ・ウヌ(ASTRO)がみんなの前でムン・ガヨンとの交際を宣言=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

27日に放送されたtvNドラマ「女神降臨」13話では、傷ついたジュギョン(ムン・ガヨン)のために一肌脱ぐスホ(チャ・ウヌ(ASTRO))とソジュン(ファン・インヨプ)の様子が描かれた。

ジュギョンは全校生徒が自分の素顔を知ったという事実にショックを受けて逃げだしてしまった。スホは連絡が取れないジュギョンを探しながら、ひそひそ話をするクラスの友達に向かって「僕はイム・ジュギョンと付き合っている」と堂々と明かして黙らせた。

一方ソジュンは、ジュギョンが泣いているのを見て、そのままセミ(チョン・ヘウォン)のところへ行き、映像を流布したのがスジン(パク・ユナ)であることが分かった。

ソジュンはスジンに向かって「ジュギョンが落ちぶれたと思っているだろ?落ちぶれたのはお前だ」と怒りをあらわにした。さらにソジュンは管理者のところへも行って、ジュギョンの過去の映像を削除させたり、ジュギョンの顔に落書きされたポスターをはがしたりしてジュギョンへの愛情を示した。

その頃ジュギョンは、スジンのところに行った。スジンは「できる限り遠くに行って隠れてしまえ」と映像をばらまいた張本人は自分であることをほのめかすと、ジュギョンは信じていた友人の裏切りに涙するしかなかった。さらにジュギョンはいじめられたことを知って胸を痛める両親を見ながら、申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

そんなジュギョンを笑顔にしたのは、スホだった。スホは幼いころにジュギョンが泣いている自分を慰めてくれたように、愛嬌を振りまきながら「化粧をしていても、していなくても、イム・ジュギョンだろ。君は思ったよりしっかりしている人だ。僕よりも」と励ました。

スホの言葉に勇気づけられたジュギョンは、外見コンプレックスを克服し、自信にあふれた女神に変わった。化粧っ気のない素顔で登校し、あれこれ言う生徒たちには「私はスホと付き合っている!スホは私の彼氏だ」と宣言。続けて「スホは私がどんな姿でも私自身のことを好きになってくれた人だ。陰で悪口を言ってないでこれからは私の目の前で言って」と言い放った。

これを聞いていたスホは、みんなのまえでジュギョンのおでこにキスをして抱きしめた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング