1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「MAMAMOO」、「スッキリ」で日本初地上波出演決定しファンが祝福…音楽ファンも注目の「Dingga -Japanese ver.-」披露

Wow!Korea / 2021年1月30日 18時46分

「MAMAMOO」、「スッキリ」で日本初地上波出演決定しファンが祝福…音楽ファンも注目の「Dingga -Japanese ver.-」披露(画像提供:wowkorea)

ガールズグループ「MAMAMOO」(ソラ、ムンビョル、フィイン、ファサ)が日本の地上波に初の生出演が発表され、ファンたちから祝福の声が相次いでいる。

30日に「MAMAMOO」の日本公式サイトやSNSなどを通じて、来月2日に日本テレビ系情報番組「スッキリ」に生出演が決定したことが明らかになった。

告知文によると、当日は同番組でのコーナー「WEニュース」に登場し、シングル「Dingga -Japanese ver.-」のパフォーマンスが繰り広げられ、日本語バージョンは“世界初披露”される。

番組オンエア翌日となる2月3日に韓国での10thミニアルバムの日本仕様盤「TRAVEL -Japan Edition-」が発売されるが、この「Dingga -Japanese ver.-」はそれを前に先行配信された楽曲で日本盤ボーナストラックの中の1曲でもある。

新型コロナウイルスの影響により来日が難しいことで、当日はリモートを通じて生放送に参加する。

先だって、韓国盤のオリジナル楽曲「Dingga」がテレビ朝日系列音楽バラエティ番組「関ジャム 完全燃SHOW」で紹介され、音楽ファンたちの間でも話題となっていた。毎年恒例の特集「音楽プロデューサーが選ぶ年間ランキング」において、1月10日放送分の“2020年年間ベスト10”で「ゲスの極み乙女。」などで活躍する川谷絵音が「MAMAMOO」の「Dingga」を8位に選び、SNSなどを通じて選出の意外性や楽曲への関心などで盛り上がりをみせた。

「MAMAMOO」は「圧倒的な歌唱力とパフォーマンスが人気」と紹介され、川谷絵音は「Dingga」を「K-POPの中で一番好き。リズムもノリもどこを聴いてもよく、イントロから一切外しがない」と絶賛した。

今回の「Dingga -Japanese ver.-」も、“Dingga(楽しく乗り越えていこう)”という明るいメッセージとともに、日本語で歌唱した彼女たちの耳に心地いい歌詞で注目を浴び、音楽配信サービス「LINE MUSIC」のウィークリーチャート1位(1月20日~26日)を記録したと公式サイトを通じて発表されている。

床をなぞる振り付けなど見どころが多い楽曲のため、ファンたちからは当日のパフォーマンスや出演者とのやり取りに多くの期待が寄せられており、「#MAMAMOOスッキリ初出演おめでとう」などといったハッシュタグで初出演を祝福している。

一方、「MAMAMOO」は2月2日に日本テレビ系「スッキリ」の“WEニュース”コーナー(午前9時30分頃開始)に出演する予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング