“第一世代K-POPアイドル”「Sechs Kies」、ユ・ヒヨルとの番組発プロジェクト楽曲「Don’t Look Back」が音源チャートで1位に

Wow!Korea / 2021年2月6日 10時29分

“第一世代K-POPアイドル”「Sechs Kies」、ユ・ヒヨルとの番組発プロジェクト楽曲「Don’t Look Back」が音源チャートで1位に(画像提供:wowkorea)

アイドルグループ「Sechs Kies」とシンガーソングライターのユ・ヒヨルによる“公約履行”プロジェクト新曲「Don’t Look Back」が韓国の主要音源チャートの首位に立った。

「Sechs Kies」の「Don’t Look Back」は今月5日午後6時に音源がリリースされるやいなや、一気にBugs、GENIE、VIBEなどリアルタイムの音源チャートの最上位圏にチャートインした。その後、GENIEやVIBEで1位を獲得した後、6日午前7時現在のチャートでもトップの座をキープしている。

「Sechs Kies」はtvNのバラエティ番組「振り向かないで」の放送で、ナ・ヨンソクプロデューサーと音源発売記念ライブ放送でファンたちに会い、さまざまな感想を伝えた。

リーダーのウン・ジウォンは「撮影の間ずっとうれしい気持ちとプレッシャーで半信半疑だったが、多くの方が激励してくださり、声援を送ってくださったおかげで、心の重荷も少し軽くなった。とても幸せだ」と述べた。キム・ジェドクは「本当にすてきな方々とともに作業を行い、幸いにも成績が良かったと思い感謝申し上げる」と明かした。

「Sechs Kies」はともに作業したユ・ヒヨルとは電話を繋ぎ喜びを分かち合った。チャン・スウォンは「兄さんの言う通り大ヒットした」と感謝の気持ちを伝え、笑いを誘った。ユ・ヒヨルは今回の楽曲について「ユ・ヒヨルとジェッキ(「Sechs Kies」の愛称)の間のどこかにある感じがする。それで、“ユスキス(ユ・ヒヨル+「Sechs Kies(ジェクスキス)」)バラード”」だと説明し感嘆を誘った。

それだけでなくこのライブ放送では、シン・ウォノプロデューサーが演出した「Don’t Look Back」のMVのフルバージョンが初公開され、関心を引き寄せた。

メンバーたちの優れた演技力と1本のドラマのような映像美が輝くMVに視聴者たちは、「ハイクオリティなMV!まさにレジェンドだ」、「MVと一緒に見ると、楽曲の感情がさらに爆発するようだ」、「単純にバラエティのための曲ではなく、真剣に作った感性名曲だ」など熱い反応を示している。

「Sechs Kies」は今後の活動計画も直々に伝えた。彼らは音楽番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」やラジオ番組「キム・イナの星が輝く夜に」出演し、ファンたちに会う予定。「Sechs Kies」は「多くの声援に支えられ、懸命に活動し、より良い姿をお見せするように努める」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング