1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

<WKコラム>チョン・イル×ユリ(少女時代)、「もっと食べて家」最終回で豪快な食べっぷりを披露!チョン・イルは4つの家訓も公開!

Wow!Korea / 2021年4月22日 19時34分

「もっと食べて家」最終回ゲストのチョン・イルとユリ。(画像:画面キャプチャ)

日曜のヒーリング料理バラエティ「もっと食べて家」(MBN)が、4月18日(日)の第24話をもって静かに終わった。最後のゲストは、同局で5月1日(土)からスタートする新週末時代劇「ポッサム-運命を盗む」で主役を務めるチョン・イルとユリ(少女時代)だった。

いわゆる番宣ゲストだが、2人とも自前の包丁セットを持参するほどの料理好きで、チョン・イルにいたっては包丁に自分の名前が入っていたほどだったので、その腕前も披露するなど、ある意味最終回を飾るのにふさわしいゲストだったのかもしれない。

それに、チョン・イルは自然料理研究家イム・ジホとは初対面だったが、ユリは6年前からの縁だとか。初対面のとき、どんな料理でも使い勝手がよく、必要な食材である“長ネギ”みたいだと言われたことを覚えていると振り返り、今回ドラマ撮影の合間を縫っての収録だったが、ここに充電しに来たというユリ。そんな忙しい最中なのに、アペタイザーとして、フランス料理のブランダードを作ってきたとし、最後の盛り付けをして振る舞った。食用花をトッピングするなど見た目もキレイで味も良く、「ユリのように本当に美しい食べ物だね」とイム・ジホにも褒められ、ハンズアップをして喜ぶユリだった。

一方、高級な干し魚を手土産にやってきたチョン・イルは子供の頃からカタクチイワシが好きで、よく食べて育ったとか。身長184センチのチョン・イルに「だから背が高いのか~」とファン・ジェソンが妙に納得していたが、4年ほど生活していた祖母の家は気前がよく、キムチ作りも一度に200玉を漬けるなど、料理にこだわる家庭だったことを明かした。

そんなユリとチョン・イルは今回のドラマで初めて会ったという。ユリはチョン・イルに対し、“礼儀知らずのトップスター”というイメージがあったそうだが、実際は細やかな情にあふれていて、積極的で進取の気性を持つ人だと表現。すると、チョン・イルは家訓があるとし、「1.進取的な人になれ」「2.考える人になれ」「3.行動する人になれ」「4.責任をとる人になれ」というチョン家の家訓を紹介。

ユリはチョン・イルの進取の気性として、地方ロケでペンションに宿泊したとき、バーベキューパーティーをしていて、大きな鍋でチャドルバギ(牛のあばら部分の霜降り肉)のテンジャン(味噌)チゲを作っていたので、遊びに来たのかと思っていたら、ユリの誕生日を祝う料理だったというエピソードを披露した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング