1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【公式】ドラマ「ホームタウン」の制作会社側、脚本担当のチョ・ヒョンフン監督をクレジットから削除へ

Wow!Korea / 2021年9月28日 18時47分

【公式】ドラマ「ホームタウン」の制作会社側、脚本担当のチョ・ヒョンフン監督をクレジットから削除へ(画像提供:wowkorea)

ケーブルチャンネルtvN水木ドラマ「ホームタウン」(脚本:チュ・ジン、演出:パク・ヒョンソク)の制作会社側が、脚本を担当したチュ・ジン作家(映画監督のチョ・ヒョンフン監督のペンネーム)に関連する立場を明らかにした。

28日に制作会社「スタジオドラゴン」の関係者は情報サイトMydailyに「チュ・ジン作家がチョ・ヒョンフン監督だという事実は知っていたが、関連する論議は契約後に知ることになった」と伝えた。

さらに「撮影が大詰めである上に台本もすべて完成した。作家の交代は不可能な状況」だとし、「3話の放送からクレジットから作家の名前を削除する予定だ。今後のプロセッサーを改善する」と説明した。

制作会社側は「(問題を)把握した時は(事態を)取り返すにはあまりにも多くの善意の被害者が出てくる状況だった。こうなるしかなかったという点を非常に申し訳なく思っている」と付け加えた。

チョ・ヒョンフン監督は2018年に情報提供者であるA氏により、2013年に映画祭「INDIEFORUM」の閉幕式後の打ち上げの席でセクハラをした事実が明るみになった。その後、チョ・ヒョンフン監督は自身のSNSを通じてセクハラを加えた事実を認め、「これから一切の公式活動や作業を中断し、自粛と反省の時間を持つ」と謝罪した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング