1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「BTS(防弾少年団)」、5年連続ソウル市名誉観光大使の軌跡を振り返る…「出身者はいないけど(笑)&20年はやらねば」

Wow!Korea / 2021年10月5日 18時59分

「BTS(防弾少年団)」、5年連続ソウル市名誉観光大使の軌跡を振り返る…「出身者はいないけど(笑)&20年はやらねば」(画像提供:wowkorea)

ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」(RM、JIN、SUGA、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)がソウル市の名誉観光広報大使としてソウルに対する愛情を示した。

先月30日、YouTubeチャンネル「Visit Seoul TV」には、「『BTS』ソウル市広報大使5周年ストーリー」というタイトルの動画が掲載された。

同日、「BTS」はソウル市の名誉観光広報大使5周年を記念し、国立中央博物館に自ら祝う席を設けた。

SUGAは「僕たちがソウル市の名誉観光広報大使になってから5周年」だと話を切り出し、J-HOPEは「5年連続広報大使だなんて本当に光栄だ」と感激した。

RMは「とても面白いことに僕たちの中でソウル出身が一人もいない」と述べた。これにJINは「でもRMさんがソウルで生まれたと言っていたと思うが…」と尋ね、これまでキョンギド・イルサン(京畿道一山)出身と知られていたRMは「そうだ。僕がヨイド(汝矣島)で生まれた」と明かした。これにメンバーたちはRMに「ソウル出身にしておこう」と述べた。

その後、「BTS」は2017年から2020年まで4年間のソウル広報映像をレビューする時間を設けた。「ビルボード・ミュージック・アワード」に出席した後に撮影した2017年から、メンバーごとにコンセプトがあった2018年、SNSをコンセプトにした2019年、クロマキー・スタジオで撮影した2020年の広報映像を振り返りながら、あどけないメンバーたちの姿に驚いた。

特に、J-HOPEは映像を見ながら「ソウルが非常にきれいだ。特にソウルの夜景がとても美しい」と感嘆したりもした。

RMは「初めて撮影をした時はこんなふうに5年連続広報大使になるとは思わなかったが、すごくうれしくて不思議でもある。とても光栄だ」と述べた。JINは「僕たちがソウルに住んでいるが、住んでいる場所をこうやって宣伝することができるのでとても気分がいい」と明かした。

またJIMINは「映像を見ると僕たちが年を重ねていく様子が見えるが、ソウルと一緒に年を取っていくということが非常に誇りを感じてうれしい」と述べた。

メンバーたちはソウルに初めて上京した当時の思いを伝えた。まずJ-HOPEは「2010年12月24日、クリスマスイブにソウルに上京した。ソウルは馴染みのない地下鉄に乗るのがとても怖かった」と、18歳のJ-HOPEの姿を思い浮かべた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング