1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

≪韓国ドラマOST≫「夜を歩く士〈ソンビ〉」、ベスト名曲 「悲しい風」=歌詞・解説・アイドル歌手

Wow!Korea / 2021年10月17日 17時26分

≪韓国ドラマOST≫「夜を歩く士〈ソンビ〉」、ベスト名曲 「悲しい風」=歌詞・解説・アイドル歌手 (画像提供:wowkorea)

<「夜を歩く士〈ソンビ〉」OST、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回から「夜を歩く士〈ソンビ〉」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、「アラン使道伝」や「イルジメ~一枝梅」などで時代劇が定番となっているイ・ジュンギと、“東方神起”のチャンミンが共演し、話題となった。

ある男が、吸血鬼に婚約者と親友を殺され、自身も吸血鬼となってしまうところから物語は始まっていく。人間の心と吸血鬼の心を併せ持つ男性と、ある女性が出会い物語は動いていく。

今日の1曲はウン・ガウンが歌う「悲しい風」。ウン・ガウンが歌う切ない失恋ラブソング。失った恋人を想った歌詞が共感を呼んだ。

<歌詞の解説>

「来ないと思っていた春がやってきてもこの時間は止まっているみたいだ君はそうなんだね風みたいに捕まえようとするほど遠くに散ってしまう離せない理由だけが頭に浮かんで意地を張って心が君を手放せない捨てられない消せないこの気持ちこんなくだらない涙ばかり」歌詞の最初から、時が止まったような人生を歩む主人公の気持ちが表現されている。

※サビ「この涙も恋しい気持ちも行き場がなくて目に浮かぶ抱きしめられないことを知りながら悲しい昨日のようにそれでもあなたを待ち続ける」サビでは行き場のない寂しさを抱え、それでも待ち続ける悲しみが伝わってくる。

「心の中に積もった恋しさを振り払ってみても涙を流すたびにあなたを思い出す癒されない別れだとわかっているからこうしてまたため息ばかり」忘れられない人を想いため息をつく切ない気持ちが歌詞から伝わる。

※サビのリピート

「言えなかった言いかけて言えなかったその言葉をのみこんで涙するそうして生きても私はこんなにつらいのにあなたには私の分まで笑ってほしい」ウン・ガウンの透明感のある声が切ない曲にピッタリで、ドラマを上手く表現している。

歌手ウン・ガウン(本名:キム・ジウン)は、1987年生まれ。2013年から歌手として活動している。2014年にSNS上で「Let It Go」のカバーをし、知名度を上げた。

OSTではこれまで「人形の家~偽りの絆~」、「ラブリー・スター・ラブリー」や、「憎くても愛してる」で曲を担当している。

<ネットユーザーの反応>

「イ・ジュンギはやはり時代劇」

「OSTが全部よかった」

「ドラマが切ないから曲がピッタリ」

「ウン・ガウンの悲しい歌い方が印象的」

「天性の声で歌い上げるこの曲が好き」

「夜を歩く士〈ソンビ〉」ではイ・ジュンギとチャンミンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング