1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「海街チャチャチャ」カン・ヒョンソク、ピョ・ミソンや視聴者の心を掴んだ「今勢いのある俳優」

Wow!Korea / 2021年10月18日 19時7分

「海街チャチャチャ」に出演し、今注目の俳優カン・ヒョンソク(画像提供:wowkorea)

「海街チャチャチャ」カン・ヒョンソが注目すべき俳優として浮上した。

ロマンスコメディークイーンのシン・ミナと人気俳優キム・ソンホの出演で放送前から注目を集めていたtvN土日ドラマ「海街チャチャチャ」が17日12.7%(ニルソンコリア基準、全国)を記録し、視聴率と話題性を全て得て終了した。カン・ヒョンソクは香港美男のようなハンサムなルックスで注目を集めており、安定的な演技力でドラマの面白さを倍にさせ、別のロマンスラインを描き存在感を表した。

カン・ヒョンソクは劇中、実の兄であるクムチョル(ユン・ソクヒョン)よりドゥシクが好きでよく慕う誰よりも真面目なコンジン交番の巡査だが、あまりにも慎重な性格のせいでまともな恋愛をしたことがないチェ・ウンチョル役を演じた。大胆なルックスと中低音の魅力的な声で視聴者やミソン(コン・ミンジョン)の視線を奪うのに続き、ミソンの積極的な表現にも気づくことができない純粋で代価のない好意を施している姿で笑いを誘った。

ドラマが本格的に展開されてからは、ミソンが告白すると「まだ早い決断のようだ」という理由で告白を断り、キャラクターに対する関心度を高めた。かと思えばその後はウンチョルがミソンに好感を示し、ゆっくりと熱く燃え上がる土鍋のような感情線を魅力的に描き出し、ウンチョル・ミソンカップルへの熱い支持を得た。

それに加え、17日に放送された最終回では『海街チャチャチャ』の3大ミステリーの一つだった14億ロトの1等当選者がウンチョルだという事実が知られ、再び熱い関心を集めた。特にお金持ちではなく警察になりたかったし、世の中がもう少し善良な方向に進むことを願う気持ちで、当せん金を全て寄付したと明らかにし、最後まで心の綺麗さを発散した。

カン・ヒョンソクはミュージカル「EVIL DEAD」、演劇「不埒なロマンス」などの舞台で培ったしっかりした演技力と実力を武器に2020年tvN「愛の不時着」でブラウン管デビューした新鋭。その後SBSドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」、JTBC「サンガプ屋台」、「梨泰院クラス」、KBS「ドドソソララソ」に出演し、短い出演で強い印象を残した。

tvN「海街チャチャチャ」では、ダサくてより愛らしい土鍋ロマンスの感情線を少しずつ積み上げてドラマをさらに豊かに表現し、仕事に対する情熱と愛にも率直に気持ちを表現するチェ・ウンチョルのキャラクターをしっかりと演技力で表現した。現在放送中の「人間失格」では、「海街チャチャチャ」とは正反対の性格のキャラクターを演じ、俳優としての存在感を立証し、今後カン·ヒョンソクがどのように成長していくのか期待が集まっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング