1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「Wanna One」が帰ってくる!、解散後約3年ぶりに「MAMA」でカムバック決定…今後の活動にも注がれる熱い視線

Wow!Korea / 2021年11月15日 19時37分

「Wanna One」が帰ってくる!、解散後約3年ぶりに「MAMA」でカムバック決定…今後の活動にも注がれる熱い視線(画像提供:wowkorea)

プロジェクトグループ「Wanna One」が「2021 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」でスペシャルステージを繰り広げる。

15日にMnetは「12月11日に開催される音楽授賞式『2021 MAMA』に、活動期間さまざまな韓国内外の音楽記録を樹立し、K-POPを全世界に広めることに一役買った『Wanna One』が出演し、スペシャルなパフォーマンスを披露する」と伝えた。

今回のステージには海外に滞在しているライ・グァンリンを除いた計10人(カン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン、ペ・ジンヨン、ハ・ソンウン)がともに立つ。「Wanna One」の再結成は2019年1月の公式活動終了後、約3年ぶり。昨年から運営を担当したCJ ENMは「Wanna One」の合同ステージを前向きに検討してきたが、都合がつかなかった。

「Wanna One」は2017年、Mnetのオーデション番組「プロデュース101(PRODUCE 101) シーズン2」を通じて結成されたグループ。センターのカン・ダニエルをはじめに、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン、ペ・ジンヨン、ハ・ソンウンの11人で構成された。彼らは「Energetic」、「Light」、「BOOMERANG」など多様なヒット曲を残し、シンドローム的な人気を博した。

その1年6か月後に公式活動を終了した「Wanna One」の再結成のニュースが韓国内外の音楽ファンたちのときめきと期待を高めている。これまで「Wanna One」出身のメンバーたちは皆、ソロやグループに落ち着き、それぞれの領域で活発な活動を続けている。

プロジェクト活動後、その都度合同ステージが白紙になっていた「Wanna One」が再び舞台に上るというニュースに多くのファンたちが喜びをあらわにしている。今回のステージをきっかけに、今後繰り広げられる彼らの活動に関心が注がれている。

一方、「2021 MAMA」は12月11日午後6時から生中継される。歌手のイ・ヒョリ(Fin.K.L.)がホストを務め、「Wanna One」のみならず、Mnetの女性ダンスクルーサバイバル「STREET WOMAN FIGHTER」の出演陣もスペシャルパフォーマンスを繰り広げる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください