1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

【公式】ジュノ(2PM)&イ・セヨン主演ドラマ「袖先赤いクットン」、6週連続ドラマ話題性1位獲得…2位は「スノードロップ」=一部あらすじ・ネタバレ

Wow!Korea / 2021年12月22日 20時16分

【公式】ジュノ(2PM)&イ・セヨン主演ドラマ「袖先赤いクットン」、6週連続ドラマ話題性1位獲得…2位は「スノードロップ」=一部あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「袖先赤いクットン」がドラマ話題性のトップを守った。2位は「スノードロップ」が獲得した。

MBCドラマ「袖先赤いクットン」は前週比で話題性9.21%を上げ6週連続ドラマ話題性の1位の座をキープした。俳優たちの熱演が再び大きく話題となり、その中で英祖の崩御後にわめきながら号泣したジュノ(2PM)の演技に、ネットユーザーの絶賛が相次いだ。ドラマ出演者の話題性部門でジュノと女優のイ・セヨンは1位と2位だった。

JTBCの新作「スノードロップ」はドラマ話題性の2位で出発した。歴史わい曲に関連しネットユーザーのさまざまな叱咤の意見が発生し、高い話題性を記録し、放送中断を要請する世論が目立った。JISOO(BLACKPINK)と俳優チョン・ヘインはドラマ出演者の話題性部門で4位と9位にランクインした。

KBS 2TVドラマ「恋慕」は前週比で話題性27.55%を上げ3ランク順位を上昇し、ドラマ3位で幕を閉じた。男装した女王という難しい設定を見事に消化した女優パク・ウンビンの演技力にネットユーザーの好評が多数発生し、ドラマのエンディングに満足を表したコメントが殺到した。パク・ウンビンはドラマ出演者の話題性部門6位を記録した。

tvN新作「不可殺 -永遠を生きる者-」はドラマ話題性4位でスタートした。怪物を素材にしてジャンル物を好むネットユーザーの高い注目が発生し、レベルの高い演出に好評が頻繁に起きた。今後の展開がさらに期待されるドラマだという意見が多く、俳優イ・ジヌクの演技力にも肯定的な世論が形成された。イ・ジヌクはドラマ出演者の話題性8位にランクされた。

ドラマの5位はtvN「その年、私たちは」だった。初回放送週比の話題性は小幅減少(マイナス0.76%)し、ワンランク順位を下げた。放送初週に穏やかなストーリーや画面の色感などで物足りないという評価が多かったが、12月の3週目に入り俳優チェ・ウシクと女優キム・ダミのコンビネーションと映像美などに肯定的な世論が多数発生した。ドラマ出演者の話題性部門ではキム・ダミとチェ・ウシクはそれぞれ3位と5位だった。

KBS 2TVドラマ「紳士とお嬢さん」は前週比の話題性16.79%を上げワンランク順位をアップさせ、ドラマ6位を記録した。劇中、記憶を喪失していた俳優チ・ヒョヌが女優パク・ハナとの婚約式で失っていた記憶を思い出す場面が放送され、ネットユーザーの注目が発生し、これからスッキリとした展開が繰り広げられることを願うコメントが多数掲載された。チ・ヒョヌはドラマ出演者の話題性部門の7位となった。

次にドラマの話題性7位はKBS 1TVの「太宗イ・バンウォン」(前週比話題性35.06%減)、8位はSBS「君の夜になってあげる」(同43.33%)、9位はtvNの新作「Bad and Crazy」、10位はtvN「御史とジョイ」(同9.95%減)の順だった。

本調査はテレビ話題性の分析機関「グッド・データ・コーポレーション」が今月13日から19日まで放送中または放送予定のドラマ26本を対象に、ニュース記事、ブログ・コミュニティ、動画、SNSで発生したネットユーザーの反応を分析し、20日に発表した結果。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください