1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

≪韓国ドラマOST≫「王女ピョンガン~月が浮かぶ川~」、ベスト名曲 「目を閉じていると」=歌詞・解説・アイドル歌手

Wow!Korea / 2022年1月1日 17時9分

≪韓国ドラマOST≫「王女ピョンガン~月が浮かぶ川~」、ベスト名曲 「目を閉じていると」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)

<「王女ピョンガン~月が浮かぶ川~」OST、今日の1曲>

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「王女ピョンガン~月が浮かぶ川~」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは、子役から活躍し現在も時代劇などで活躍しているキム・ソヒョンと、「輝くか、狂うか」のナ・インウがタッグを組んだ。

舞台は三国時代の高句麗(コグリョ)。王女として生まれたピョンガンだが、権力争いに巻き込まれ宮殿を追われる。そしてある青年と出会うところから物語が始まる。

今日の1曲はBong Guが歌う「目を閉じていると」。オン・ダルの想いをピュアに歌い上げた1曲。

<歌詞の解説>

「咲ききれない花でも香りがして君がどこにいるかわかる僕が探しに行くから僕は愛をまだ知らないんだただすべてを捧げることしかできないただそれでいいからつらい心が梅雨の雨になってこの心は閉じられるでも君を見つめたい」歌詞の最初では、一途に女性を想うピュアな気持ちが表現されている。

サビ※「目を閉じていると美しい君が鮮明に見える触れられないけれど僕は幸せなんだこの気持ちを知っているなら一度くらいは僕のもとへ来てほしい恋をしていた時間が耐えられなくて目の前の現実は見たくない」サビではなかなか叶わない恋にもどかしさを感じる一方、一途な気持ちが込められている。

「色褪せた一日がこうして過ぎていく重い空気の中僕は過ぎ去った記憶を思い出してみる涙が風になって頬をかすめたら 今日も君の名をを呼んでみる」ここでは一日が過ぎていく中でも、愛しい人を思い浮かべる様子が伝わる。

※サビのリピート

「夕日が染まっていく一日の終わりにぼんやりと一人で歩いていると空の星がきらっと花が咲いたように君を照らしてくれそうで僕は怖くなって目を閉じる」ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「僕の心は君でいっぱいになる掴みたくても遠ざかる君も同じ気持ちなら戻ってきてほしい君を抱きしめてそばにいてほしい今日はどうしても君に会いたい」Bong guの透明感のある声で、タルの想いを歌い上げる。

歌手Bong Gu(本名:イ・ボング)は、1986年生まれ。2013年にデュオのGilgu Bongguとしてデビュー。デビュー前はペク・チヨンやパク・ヒョシンらのボイストレーナーだった。

Gilgu BongguとしてもBong guとしてもOSTに参加しており、「愛の温度」や、ドドソソララソ」、「ボーンアゲイン~運命のトライアングル~」、「30だけど17です」などがある。

<ネットユーザーの反応>

「Bong guの声が優しくてすごく好き」

「ドラマを見ていて好きになった曲」

「やっぱりOSTはいい曲が多い」

「Bong guの他の曲も聞きたくなった」

「歌詞がドラマと重なっていい」

「王女ピョンガン~月が浮かぶ川~」ではキム・ソヒョンと、ナ・インウの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください