1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

1stソロアルバム発売する「BTS」JUNG KOOK、「パフォーマンスは色々と歴代級」

Wow!Korea / 2023年11月2日 16時51分

1stソロアルバム発売する「BTS」JUNG KOOK、「パフォーマンスは色々と歴代級」

「今の僕を最もよく見せることができるものを込めたアルバム」

 韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK(ジョングク)は1stソロアルバム「GOLDEN」をこのように紹介した。

 JUNG KOOKは2日、所属事務所BIGHIT MUSICを通じてメディアに公開したアルバム紹介映像で「『GOLDEN』は“黄金色の瞬間”をモチーフにしたアルバム」と紹介した。続けて「『BTS』 の“黄金のマンネ”と呼ばれていた時代から僕の名前で出てくるアルバムが完成するまでの数多くの旅程と経験が僕を作ったと思う」とし「今の僕を最もよく見せることができるものをアルバムに込めたかった」と説明した。

 JUNG KOOKはアルバムを全11曲で構成した。タイトル曲「Standing Next to You」をはじめ、「Seven(feat.Latto)」のExplicit Ver.とClean Ver.、「3D(feat.Jack Harlow)」、新曲「Close to You(feat.Major Lazer)」「Yes or No」「Please Don't Change(feat.DJ Snake)」「Hate You」「Somebody」「Too Sad to Dance」「Shot Glass of Tears」を1つにまとめた。

 JUNG KOOKは「アルバムを準備する過程で本当に多くの曲をいただいた」とし「『僕が得意なジャンルは何か』、『挑戦したいジャンルは何か』、『足りないのは何か』と悩みながら、僕だけが消化できる結果を作ろうとした」と明らかにした。アルバムを英語曲だけで満たしたことに関しては「海外音楽市場を目標に準備したアルバムなので英語曲を選択した」とし「発音が難しくて苦労したが、結果的に全曲がうまくできたようだ」と話した。続けて「多様な姿をお見せするために多角的に悩んでいる」とし「早く機会ができて、韓国語の歌もプレゼントしたい」と語った。

 アルバムのタイトル曲は「Standing Next to You」だ。ディスコファンクジャンルのオールドスクールサウンドを現代的に再解釈した曲というのが所属事務所の説明だ。JUNG KOOKは「曲を聞いたとき、壮大さを感じた。ステージ上で歌えば本当にかっこいいとも思って、タイトル曲に適していた」と話した。パフォーマンスに対しては「あえて話すと、色々と歴代級ではないかと思う」とし「とても一生懸命準備したので、たくさん期待してほしい」と頼んだ。

 JUNG KOOKは「歌、ダンス、音楽すべてを完ぺきにお見せしたい。自分だけの色を作りたくて、1人で発声練習もたくさんして、モニタリングも頻繁にしながら補完しようとしている」と話した。続けて「まだ足りないが、多様な曲を歌っても違和感が少なくて、似合う面がある声を持っているのが僕の長所ではないかと思う」とし「ソロアルバムは初めてなのでとても意味深い。今回のアルバムをどのように聞いてくれるか楽しみだ」と、ときめきを示した。

 一方、JUNG KOOKは11月3日午後1時、各種音楽プラットフォームを通じて、「GOLDEN」の全曲音源を発売する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください