1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

テオ(DKB)&イム・ヨンミン(AB6IX)&ホ・チャン(VICTON)、飲酒運転に慈悲なし…アイドルたちの“スパっと脱退”の残酷史

Wow!Korea / 2023年11月6日 19時2分

テオ(DKB)&イム・ヨンミン(AB6IX)&ホ・チャン(VICTON)、飲酒運転に慈悲なし…アイドルたちの“スパっと脱退”の残酷史

歌謡界でもう一つの飲酒運転事件が起きた。今度はテオがグループ「DKB」から脱退した。

6日、「DKB」の所属事務所Braveエンターテインメントは公式立場を通じて、「恥ずべき便りを伝えることになり申し訳ない」とし、「10月30日、所属アーティストテオくんが警察に飲酒運転で摘発され、免許取り消し処分を受けた事実を確認した」と明らかにした。

飲酒運転は理由を問わず、決して容認できない行動であるために本人の意見を受け入れて、テオの脱退を決定したということがBrave側の説明。Braveは「テオくんは現在、本人の未成熟な行動を深く反省している」とし、「今後、『DKB』は8人体制でチームを再整備し活動を続けていく予定」と明らかにした。

飲酒運転後にも芸能界復帰が可能だった過去のいくつかの事例とは異なり、最近には飲酒運転が潜在的殺人行為と変わらないという社会的警戒心がいつにも増して高まった。これに飲酒運転の物議を醸した芸能人たちも直ちにグループ脱退と芸能界からの退出、出演停止など撤退が下される雰囲気。個人が復帰を試みるとしても、レッテルが貼られ続けている状態。

グループ「AB6IX」出身のイム・ヨンミンもまた、2020年に飲酒運転により摘発され、免許取り消し処分を受け論議となった。この影響でカムバックを一週間後に控えていた「AB6IX」のメンバーたちは、イム・ヨンミンの活動中断による空白を埋めるために急いで4人体制の再整備に乗り出したことがあり、この余波でカムバックのために準備された製作物も廃棄および修正しなければならない弊害を起こした。最近、イム・ヨンミンは軍除隊後、個人の活動を始めたが、依然として彼の復帰を見つめるまなざしがよくない。

ISTエンターテインメントもまた「VICTON」出身のホ・チャンが昨年、飲酒運転により摘発され、免許取り消し処分を受けると、チームおよび個人活動を全面的に中断させ、「どのような部分でこのような過ちが起きることになったのかを振り返り、改めて点検し、これ以上類似したことでファンの皆さんを失望させることがないよう最善の努力を尽くす」と明かしたことがある。

グループ活動が大部分なアイドルの特性上、論議が起きればチームの名前に泥を塗り、他のメンバーにまで被害を及ぼすことが避けられない。特に「DKB」の場合、最近、JTBCの音楽サバイバル「PEAK TIME」に出演して成果を収め、カムバックを控えていたため、テオの飲酒運転がより手痛いことになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください