1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

“チョンジン(SHINHWA)の父”チャーリー・パクさん、きょう死去…「病気になってもっと申し訳ない」絶縁状態だった息子に向けた過去のコメント

Wow!Korea / 2023年11月7日 19時8分

“チョンジン(SHINHWA)の父”チャーリー・パクさん、きょう死去…「病気になってもっと申し訳ない」絶縁状態だった息子に向けた過去のコメント

グループ「SHINHWA」のメンバー・チョンジンの父が逝去したなか、亡くなった故チャーリー・パクさんの過去の発言が再び注目されている。

7日、チョンジンの所属事務所LIVEWORKS COMPANY側はヘラルドPOPに「『SHINHWA』チョンジンの父・故チャーリー・パクさんが6日に亡くなった。9日に出棺予定。葬儀場はアニャン(安養)メトロ病院葬儀場貴賓室に設けられる」と明らかにした。

これにより故チャーリー・パクさんは68歳の年齢で永眠した。父親と絶縁していたチョンジンは、同日妻と共に祭壇を訪れ守っている。

1979年に米8軍でサクソフォン演奏でデビューした故チャーリー・パクさんは、その後2004年に「カサノバ愛(Casanova Love)」で愛された。

また、2007年に放送されたKBS2ドラマ「愛しても大丈夫」に出演するなど、演技への挑戦も逃さなかった。

結婚後にチョンジンをもうけたが、離婚してさらに2度の結婚と離婚を繰り返した。故チャーリー・パクさんはチョンジンと格別な父子関係だったが、ある瞬間絶縁した。

2020年に放送されたMBN「現場ルポスクープ世界」に出演した故チャーリー・パクさんは、生活苦を告白したりもした。故人は2017年の脳卒中で倒れた後、左半身の麻痺と言語障害で舞台に立つことができなくなった。

故チャーリー・パクさんは「息子と連絡をしないことにした。僕の影響が大きくて息子を恨むことはない」とし、「事業が失敗して過程に気を使えなかった。息子が金銭的支援と投資をしてくれていつも申し訳ない。僕が病気になって元気でない姿を見せてさらに申し訳ない」と生活苦を告白した。

故チャーリー・パクさんは脳卒中と生活苦で痛恨の極みを醸し出した。故人は脳卒中の闘病中、ついにこの世を去った。亡くなった故人に大衆たちも惜しんでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください