1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

俳優ユ・スンホ、子役時代出演の映画「おばあちゃんの家」のイメージから抜け出そうともがいたことも…いまは“きれいな思い出”

Wow!Korea / 2023年11月11日 20時2分

俳優ユ・スンホ、子役時代出演の映画「おばあちゃんの家」のイメージから抜け出そうともがいたことも…いまは“きれいな思い出”

俳優ユ・スンホが30代に入って変わった心構えに言及した。

ユ・スンホは子役時代に出演した映画「おばあちゃんの家」を通じてとても愛された。ステキな青年として立派に育った彼を“正しい成長の定石”に挙げることもある。

最近、ソウル・ヨンドゥンポ(永登浦)区の某所で行われたヘラルドPOPとのインタビューでユ・スンホは、30代になりさまざまな挑戦をしていると明かした。

同日ユ・スンホは「成熟しようとまだ努力しているようだ」とし、「『おばあちゃんの家』がヒットもして、話題にもなったので相変わらず『おばあちゃんの家』の話をなさる方々がたくさんいらっしゃる」と伝えた。

さらに「以前はそこから早く抜け出したくてそんな話をすれば避けることもあった」としながらも、「今は僕の大切な作品でもあったし、僕が観てもとてもかわいらしい。きれいな思い出として残って、時間が経つほど『おばあちゃんの家』の話を聞くのが好きな時もある」と打ち明けた。

それと共に「幼い時は大人っぽく見せようと努力をたくさんした。似合わない服を着る時もあったようだが、今は考えを空にして今すぐロールに集中しようと心に決めている」と強調した。

またユ・スンホは「30代という数字に入り直接的な変化はないが、心が変だった」とし、「一日一日が大切だった。目が覚めた時、もう少し豊かに暮らしてみたいという気持ちになる。毎日を有意義に過ごしたい」と意気込みを語った。

さらに「人に会えば緊張をしすぎて一人でいるのが好きだったが、僕がよいことだけできないという考えで人々と交わってみたりもするなど、僕の性向と反対になることとはぶつかってみようと思っている」とし、「些細なことから変化を与え始めたが、やったことのないものに対して挑戦し続けてみるつもり」と説明した。

一方、ユ・スンホの新作であるWavveオリジナルドラマ「取引」は偶発的に友人を拉致した2人の青年の100億拉致スリラー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください