1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

「恋人」キム・ムジュン、ソヒョン世子の存在感が輝いた…心に響く熱演

Wow!Korea / 2023年11月12日 18時8分

「恋人」キム・ムジュン、ソヒョン世子の存在感が輝いた…心に響く熱演

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

俳優キム・ムジュンの真正性ある熱演がお茶の間劇場を彩った。

キム・ムジュンはMBC金土ドラマ「恋人」で悲運の人物ソ・ヒョン世子(皇太子) 役を演じ、人物の苦悩と葛藤がそのまま伝わる訴える力で深い感情演技を披露し熱い好評を得ている。

18、19話の放送では瀋陽に残された朝鮮捕虜たちを救うために父親の仁祖(キム・ジョンテ)に対抗するソヒョンの姿が描かれた。 瀋陽から朝鮮に戻ることになったソヒョンは「必ずあなたたちも朝鮮に連れて行く」と言った捕虜たちとの約束を守るために仁祖に助けを求めたが、仁祖はソヒョンの意図を疑ってこれを断る。 自身を心配する仁祖の姿に喜んでいた瞬間もしばらく、ソヒョンは思いもよらなかった仁祖の疑いを怖がり、刹那の喜びと恐怖、希望と絶望など父親の一言に時々刻々と変貌する悲喜の感情を生々しく再現し緊張と没入を引き上げた。

続いて、ジャンヒョン(ナムグン・ミン)と向き合ったソヒョン。 ソヒョンは仁祖の意思によりジャンヒョンに「私に逆らえば二度と会わない」と一喝してジャンヒョンと大きく衝突し、父親に対する礼とジャンヒョンに向けた義が対立する葛藤を描き出した。 だが、朝鮮に渡ってきた捕虜たちとジャンヒョンが連れて行かれたという話に大きな衝撃と怒りを我慢できず叫び大きく爆発した。 仁祖と向き合ったソヒョンは一抹の迷いのない固い意志を見せながら「私たちは朝鮮を懐かしがって命をかけて逃げた殿下の民」と懇願し、涙にまみれた顔で凄絶(せいぜつ)におえつ、息子として父親に丁重に頼む姿でソヒョン世子という人物そのものとして輝く瞬間を作り出した。

結局、病状が悪化して死境をさまようことになったソヒョン。 仁祖が送った人に鍼を打ってもらい、しばらく回復したソヒョンは温かい笑いを見せながらカンビン(チョン・ヘウォン))を安心させ、ジャンヒョンに書簡を残し病床でも剛健な意志を示したが結局死を迎え、最後の瞬間まで民に向けた自分の意思と周辺の人に向けた愛情を輝かせ、観る人たちの胸を割くような悲痛でお茶の間劇場を染めた。

このように悲運の歴史の中の人物、ソヒョン世子の苦悩と成長を真心のこもった演技で鮮明で深みのあるものに描き出し、深い響きを与えたキム・ムジュン。 ドラマ「恋人」の中のソヒョン世子と共に繰り返し成長し、俳優としてはっきりとした存在感を残し、新人らしくない繊細な表現力と感情演技で鮮明な足跡を残した新鋭キム・ムジュンに対する期待感が高まっている。

一方、キム・ムジュンの熱演が輝いたMBC金土ドラマ「恋人」は毎週金、土午後9時50分に放送される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください