1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

女優ソ・イェジ、「損賠責任ない」判決にも…騒動が再点火でまた遠ざかった復帰

Wow!Korea / 2023年11月16日 20時2分

女優ソ・イェジ、また遠ざかった復帰?

学校暴力(いじめ)および元恋人へのガスライティング騒動を経験した、女優ソ・イェジの所属事務所が広告主にモデル料の半額を返すことになった。

 16日、韓国メディアによると、ソウル中央地裁民事合議25部(裁判長:ソン・スンウ)は、あるブランドがソ・イェジと所属事務所ゴールドメダリストを相手に起こした損害賠償訴訟について、今月10日「ゴールドメダリストは、2億2500万ウォン(約2600万円)を支払いなさい」と判決した。

 先立って、ソ・イェジは2020年7月、A社と栄養剤の広告モデル契約を締結し、8月にモデル料を支払ったが翌年4月の騒動で活動を中断することになった。A社は騒動が大きくなると、すぐにソ・イェジの所属事務所ゴールドメダリストに、「契約解除およびモデル料の返還要求」公文書を送った。

 契約書には、「本契約期間中の公認として、品位を害する行為により広告主の制品(制品・企業イメージに損傷を加え広告効果を減少させる行為をしてはいけないという条項が明示されていた。しかし裁判所は疑惑の対象であるいじめ、ガスライティングなどは、すべて契約期間前のことである」とし、契約を違反したことにはならないと見た。

 ただし、裁判所はソ・イェジのイメージ毀損(きそん)で広告契約が解約されたことは正しいので、モデル料4億5000万ウォン(約4600万円)の半分である2億2500万ウォンを返すようにと判決した。

 これに関連してソ・イェジの所属事務所ゴールドメダリスト側は、「今月10日にゴールドメダリストとソ・イェジさんは、A社の訴訟でソ・イェジさんについて提起されたいじめなどの疑惑は事実ではないとする一方的な疑惑であることが確認された。ただ、疑惑の提起自体によって広告主の信頼が破られたという理由で約定によるモデル料の一部返還を引用されただけ」と明らかにした。

 続けて、「このようにソ・イェジに対する疑惑は事実ではなく、このような内容が判決で出された以上、ソ・イェジさんに対する根拠ない疑惑の提起や無分別な非難を控えていただくことを要請させてほしい」とつけ加えた。

 一方、ソ・イェジは2021年に元恋人へのガスライティング騒動および学歴偽造、いじめなどの各種騒動に包まれ、活動を中断した。その後、tvNドラマ「イブ」で復帰した彼女は、再び今回の事件で騒動が再点火し、復帰への難関をたどっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください